【仮想通貨】QuarkChain(QKC / クオークチェーン)詳細・特徴

QuarkChain(QKC)とは?

QuarkChain(クオークチェーン)のプロジェクトは、スケーラビリティ問題を解決するために作られた安全で分散化されたプラットフォームを実現させます。

最大の特徴は、トランザクションの処理速度が速いことが挙げられます。

ビットコインやイーサリアムなどの通貨は、取引速度に問題を抱えており、実際に使用できるまでのトランザクション処理速度を兼ね備えていません。

さらに、イーサリアムやNEOのように、クオークチェーンのブロックチェーン上でDAppsを作り、高速なトランザクションや、自動契約ができるスマートコントラクトを実装することが可能です。

QuarkChain(QKC)基本情報

QuarkChain(QKC)特徴・詳細

高速のトランザクション

クオークチェーンのトランザクション速度は、1秒間に10万件以上と言われており、クレジット会社で有名なVISAをはるかに超えるトランザクション処理速度となります。

上記の画像は公式サイトに載せられており、ビットコインやイーサリアム、ビザと比較しています。

ビットコインやイーサリアムの tps をはるかに凌駕しており、世界最大の決済サービス「VISA」よりも早いトランザクションを可能にします。

tpsとは?
1秒あたりのトランザクション処理件数を示す単位で、「Transactions Per Second(トランザクション・パー・セカンド)」の略です。

このような高速のトランザクションを実現するために以下のような技術を活用しています。

2レイヤーブロックチェーン(ルートチェーン・シャーディングレイヤー)

QuarkChain(クオークチェーン)は2つレイヤーで構成されています。

1つはメインのブロックチェーン処理を行うルートチェーン。
2つ目は一部のトランザクション処理を行うためのシャーディングレイヤーです。

流れとしては、一部のトランザクション処理を下の、シャーディングレイヤー内のシャードが処理を担当し、その情報をルートレイヤがまとめる形となります。

処理としては2段階あるようですが、処理の効率性が上がり、トランザクションが増加しても全体の処理速度も落とすことなく安定した状態を保つことができます。

また、マイニングのハッシュパワーがルートチェーンとシャーディングレイヤーで50%ずつに分かれています。

これにより50%の半分である25%のハッシュパワーを、悪意あるマイナーに持たれてしまうとシャーディングレイヤーではハッキングされてしまいます。

※ ブロックチェーンは51%攻撃という、悪意あるマイナーが過半数以上のマイニングの計算能力を保持してしまうとハッキングされてしまいます。

このような問題は「クラスタリング」で解決することができます。

クラスタリング

クラスタリングとは、小規模なノードを集めることで、大きなノードを形成することができる技術です。

クオークチェーンは上記の図解のように、1つのノード(クラスタ)の中に、さらに小規模ノードが存在しています。

ハッシュパワーが2つに分けられることによる51%攻撃のリスクは、悪意ある大きな1つのマイナーが保持することを防ぐことができます。

また、メリットはこれだけではなくマイニングにも関係します。

ビットコインなどのPoWでは、大きなハッシュパワーを持つものしか、マイニング報酬を受け取ることができません。

しかしクオークチェーンは、クラスタリングにより、マイニングをする際に小規模なハッシュパワーでも、マイニング報酬を得ることもできます。

さらに、小規模ノードは一部のデータが稼働できなくなた場合でも、他の小規模ノードがクラスタの機能を保つことができます。

クロスチェーントランザクション

クロスチェーントランザクションという技術により、異なるシャーディングレイヤー内のシャード間でトランザクションが可能になります。

ビットコインブロックチェーンや、イーサリアムブロックチェーン異なるブロックチェーンではトランザクションは不可能です。

しかし、クロスチェーン技術を活用することで、複雑なトランザクションが可能になります。

ちなみに、クオークチェーンは2つの方法でクロスチェーントランザクションすることができます。

1つ目
別のトークンのブロックチェーンを、アダプタ(変換器)を使ってトークンを変換し、QuarkChainで使えるようにする。
2つ目
別のトークンのブロックチェーンをシャードとして格納し、クロスシャードトランザクションを利用して取引をする。

スマートウォレット

ユーザーは1つのアカウントのみを作成するだけで、すべてスマートウォレットに保管・管理することができます。

本来は、異なるシャードにある情報などをを管理するには、各シャードごとに対応しているアカウントを作成するが必要があります。

これにより、1つのアカウントでクオークチェーン内のアプリなどを使用することができます。

QuarkChain(QKC)取り扱いおすすめ取引所

Binance

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする70種類以上
  • 手数料      : 0.1%~0.05%
  • セキュリティ   :★★★★☆

【仮想通貨取引所】Binanceの特徴・詳細

2018.03.19

中国の大手仮想通貨取引所で、取引量は世界でも1.2位を争うほどの人気です。中国の取引所なので中国系の仮想通貨を多く取り揃えていますが、仮想通貨先進国の日本で人気の仮想通貨も多く取り揃えています。取扱種類は70種類を超えると言われています。

最大の特徴は、取引手数料がBNB(バイナンストークン)を使用して取引を行うと、手数料が0.1%から半額の0.05%になります。仮想通貨取引での0.05%は非常に安く人気の理由のひとつです。

Binanceは人気の仮想通貨をいちはやく取り入れるため、Binanceをチェックすることで、どの仮想通貨が今人気なのかを知ることができます。さらに、公式の発表で全てのハードフォークに対応することを公表しており、BTCをBinance内で持っているだけでハードフォークコインが付与されます。

KuCoin

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・NEO・USDT・KCSなどの64種類以上
  • 手数料      : 0.09%~0.1%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Kucoinの特徴・詳細

2018.05.07

Kucoinとは、香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、1日の取引量でも世界トップクラスを誇る取引所として有名です。

海外の取引所では珍しい日本語の対応をしており、日本人でも安心して利用することができ、日本に愛される取引所になっています。
日本人が使いやすい取引所なのはもちろんですが、取引通貨も豊富で、有名な主要通貨からマイナーアルトコインまで幅広く取り揃えています。

Kucoinでは、中国の仮想通貨取引所Binanceのオリジナルトークンである「BNB(バイナンストークン)」のように、取引所独自のKucoin Shares(KCS)というトークンが発行されています。
KCSを保有していると様々なメリットを受けることができます。

The following two tabs change content below.

nextmoney

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。