ICO詐欺:情報商材系詐欺の特徴

情報商材系詐欺の特徴

日本でも2017年の冬から一気にメジャーになった仮想通貨市場ですが、金融庁の規制を横目にICO詐欺が横行しています。
IPOとは違い、インターネット上で世界中から資金調達ができるので、スタートアップの起業には画期的な仕組みとなりました。

これの火付け役になったのが、イーサリアム(ETH)です。
イーサリアムのプラットフォーム上で「トークン」というものを簡単に作ることができます。

これにより、大量の仮想通貨が誕生しました。

このトークンを配布して、資金調達をしているのがICOです。
ICOの資金調達に使用される仮想通貨はETHやBTCを使うことが主流となっています。

ICOの火付け役

ICOの詐欺的仮想通貨の被害に遭うきっかけは、ここからではないでしょうか。

億り人」などのトレンドワードを誕生させ、実際に何にも知識がない”ラッキー億り人”をたくさん輩出させてしまったのが、

CARDANO(ADA)です。

ADAで儲かったという話が、口コミやインターネット上で日本中を駆け巡り、「次のADAコイン探し」が始まってしましました。
しかし、市場原理からみれば、多くの人が参入し、知れ渡ってからではそんなラッキーなことは二度と起こりません。

※ しっかりとリサーチを重ねて、時間をかければ十分到達はできます、、、

法規制の盲点

上記の市場原理に当然目を付けるのは「詐欺師」たちです。
しかも、法規制がしっかりと整備されていないため、法に引っかかること無く、次のADAコインを探している人たちをいとも簡単に食い物にできるのです。

仮想通貨市場には、知識がない人が多いというのも一つの要因になっています。
まわりに詳しい人や、指標となるメディアが無いなかで、詐欺師たちは巧妙に動画やセミナーでセールスをしかけていきます。

特に2018年からは、プロダクトローンチを使ったICO詐欺が目立ち始めました。

もはや、仮想通貨といっていいのだろうかという感じです。

正直メディアとして記事にするのも迷うくらいでしたが、一人でも多くの人がこのような詐欺被害に遭わず仮想通貨リテラシーをあげて、日本市場を活発化させたいという思いから、いま記事を書いています。

仮想通貨というよりは、ほとんど何の中身のない情報商材といった感じです。

当メディア「NEXTMONEY」でも、「代理店販売しているコイン」というカテゴリーを作成し特集を組んでいますので、そちらを参考にしながら似たようなものには手を出さないようにしてください。

代理店販売 爆下げCOIN (スキャム?詐欺?期待?)

2018.05.23

仮想通貨詐欺の仕組み

1,無料オファー・アフィリエイト報酬

無料オファーという情報商材系の詐欺師達がよく使う手法でリストを大量に獲得(最近はLINEが多いです。)LINEもステップメールのように先に文章が作られています。
運営はメールアドレスを1件取って来たら約3000円の報酬をアフィリエイターに渡すことで成り立っています。

1万件取得すると約3,000万かかりますが、その後1万件の中から300人程度が課金すれば1億以上は儲かるという仕組みです。

本当に素晴らしいマーケティング手法なので、こんな詐欺に使われなければいいんですけどね。

2,集めてきたリストに動画をみせる

先程集めてきた大量のリストに、プロジェクトの内容を動画で見せていきます。
動画内に出てくるオフィス、自宅、高級車は全て借りものです。
最近は都内ホテルや、民泊を利用して高級な家をレンタルして取材していることが多いです。

大がかりなローンチになると海外に行って動画を撮影します。

相当なお金を掛けているので、LP・HP・動画のクオリティはかなり高いです。

出演者も「演者」と呼ばれる主役と「インタビューアー」と呼ばれる人がいます。
動画の途中で「実績者(その商品を使って稼いだという設定の人)」が出てくる場合もあります。

全て台本があり、うまくいくまで何度も撮影します。

なので、何一つ信用しないてください。
というか見るに値しません。

3,販売する

動画を何本か見せたあとに、限定性を持たせたセールスが始まります。

仮想通貨ローンチの場合だと、

「○○上場確定!」「○○倍確定!」「限定100名プライベートセール価格で購入可能!」

などの謳い文句で販売してきます。

とにかく、販売することに命をかけている集団なので、その後のプロジェクトはあると思わないでください。
彼ら(詐欺師)の次のプロジェクトは、

「新たなローンチ」です。

売ったらその案件は終わりなのです。

以上が情報商材系の仮想通貨詐欺の流れです。

最近の詐欺の傾向と特徴

最近の特徴も少し書いておきます。

最近は、プライベートセールといって、ローンチの最中でリストを持っているアフィリエイターに安い金額でコインを売っています。
その後、ローンチ動画のセールスで即販売終了にし、アフィリエイターにピンハネして「売り抜けていいよ」という口約束をし、一気に販売させます。

これによって、枯渇感、希少性を出すことにつながり、さらなる販売に拍車がかかります。

どんどん巧妙になっていますので、本当に気を付けてください。

情報商材系の人に仮想通貨が詳しい人はいません。
詳しいように装っているだけです。調べれば分かることばかりです。

そして最近は、HitBTCに上場するコインが多いですが、爆下げ必至です。
10分の1は当たり前のような状態ですし、HITBTCが日本人の利用を一時停止してしますので、利確もできない状態に陥ります。

もし、本当に仮想通貨で利益を出したいのであれば、しっかりと知識を身に付けてからにしましょう。

特に仮想通貨初心者の方がよく調べもせず、ICOに手を出すのは本当に危険です。
すでに上場している通貨で優良なものはたくさんありますし、海外の取引所やコインは次々にプロジェクトが進んでいる状態です。

こんな詐欺師に食い物にされている市場は日本くらいです。
技術力もアイデアも持っているのが日本の良い所ではないでしょうか。

日本市場をもっと盛り上げて、世界に対抗できる仮想通貨大国になればと思っております。

ICOガイドラインはこちら

The following two tabs change content below.
yuuichiro shiiki

yuuichiro shiiki

運営代表
O型。牡牛座。水星人-。 「世の中に新しい価値を広める」をテーマに、メディア運営・ビジネス構築等、Podcastなどでも情報発信を行う。 2017年ICO上昇的中率100%を誇る。
yuuichiro shiiki

最新記事 by yuuichiro shiiki (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

yuuichiro shiiki

O型。牡牛座。水星人-。 「世の中に新しい価値を広める」をテーマに、メディア運営・ビジネス構築等、Podcastなどでも情報発信を行う。 2017年ICO上昇的中率100%を誇る。