EOSのICO 1年間にわたるクラウドセールで約4381億円を資金調達

EOSのICO 1年間にわたるクラウドセールで約4381億円を資金調達

ケイマン諸島のスタートアップ企業Block.oneの(ブロック.ワン)のプロジェクトであるEOSが今月の1日(木曜日)時点で、約1年間にわたる仮想通貨トークンのクラウドセールを完了したことが分かりました。

このクラウドセールにて資金調達した金額は、約40億ドル(約4381億円)を集め、現時点ではICO(イニシャルコインオファリング)では過去最高の金額になります。

EOSのICOは仮想通貨の歴史の中でも355日にわたる長期の資金調達ということもあり、このような大規模な資金と調達に成功しているが、クラウドセールの初日から5日間でも1億8,500万ドルを調達したています。

Block.one以外の歴代ICO資金調達額のトップ10は以下のようになっています。

  • Telegram Open Network – 17億ドル
  • ドラゴンコイン – 320百万ドル
  • Huobi – 3億ドル
  • HDac – 2億5800万ドル
  • Filecoin – 2億5700万ドル
  • Tezos – 232百万ドル
  • Sirin Labs – 1億5790万ドル
  • バンコア – 152百万ドル
  • Bankera – 150.9百万ドル
  • ポルカドー – 142.4百万ドル

CNBCより引用

6月上旬には、EOSソフトウェアのリリース予定しており、2日時点でのEOSトークンの価格は15%の上昇を見せています。

EOS(イオス)メインネットローンチ詳細・対応方法 / Ethereum(イーサリアム)を凌駕する期待の仮想通貨 / トークンスワップ対応

2018.05.25

運営の見解

運営の堀口
6/1にICOが終了し、過去最大規模の調達額となり、6/2にはメインネットローンチが完了。

名実ともに最強のプラットフォームの形成へとひた走り始めています。

EOSが調達した40億ドルは全てが ETH。

市場への売り圧力は前代未聞の規模となり、プラットフォームとしてETHに対抗しうる最大のファンダも手に入れました。

現状、プラットフォームとしてはETHが1強ですが、EOSの勢いと事業展開に大きな期待が寄せられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)