Ardor(アーダー)について

Ardor(アーダー)の概要

Ardor(アーダー)は、2016年に公開された仮想通貨です。

通貨表記は(ARDR)です。

Ardorは2016年の中頃からにNxt2.0というものから

改名されました。このときにFXTからARDRへと変更されています。

Ardorは、ブロックチェーンとしてのサービスプラットフォームであり、

Nxtのブロックチェーン技術を子チェーン(サイドチェーン)を通して

利用できるようにします。

サイドチェーンを利用した技術ではありますが、

すべての処理はArdorメインチェーン上で行われます。

ブロックチェーンを作成するときに注意しなければならない問題を

心配する必要はありません。チャイルドチェーンは、

分散型位相調整、投資、トレードといったNxtで実装済みの機能を利用できます。

さらには最初にローンチされたIGNISなどを含む、プラットフォーム上のほかの

サイドチェーンと相互に機能することもできます。

Ardor(アーダー)の特徴

Ardor(アーダー)のサイドチェーンには、

Nxtで実装されている機能を追加できる。

各サイドチェーンは、Nxtにある次の分散型機能を利用することができます。

エイリアス

簡単な名前でトランザクションを開始します。

すべてのエイリアスは、サイドチェーンの名前より前の

ピリオドで終了します。

データクラウド

データを安全にブロックチェーンに格納する。

これは公開または非公開のいずれかになり、

タイムスタンプが付きます。

アカウント管理

アカウントのアクセスを制限するか、複数の当事者による

承認なしに取引を禁止する。

通貨システム

サイドチェーンネイティブトークンにくわえて

カスタマイズ可能な通貨システムトークンを作成する

安全なメッセージング

暗号化されたメッセージとファイルを中心のシステムなしで送信します

コインシャッフル

必要に応じて、ユーザーがほかのユーザーの資金と迅速かつ

効率的に資金を混ぜてプライバシーをさらに向上させることができます。

投票

安全で匿名の投票のための分散型ポーリング。

プラグイン

プラグインをインストールして、機能を増強しカスタマイズすることが

できます。

段階的

遅延実行で自動条件付きトランザクションまたは無条件トランザクションを

作成します。

市場

誰でも物理的なアイテムとデジタルアイテムを売買できるマーケットがある

Ardor(アーダー)を扱う取引所

Ardor(アーダー)は国内の取引所では

購入できませんので、海外の取引所を利用することに

なります。中国の取引所はおすすめできないため、

Poloniex(ポロニエックス)、Bittrex(ビットレックス)の利用がおすすめです。

Ardor(アーダー)の今後

Ardor(アーダー)はLISK(リスク)と同様に

サイドチェーンを取り入れているので、

企業なども使用しやすい形になっています。

時価総額も上位で、まだまだ伸びしろはあるかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)