ShadowCash(シャドウキャッシュ)について

ShadowCash(シャドウキャッシュ)の概要

ShadowCash(シャドウキャッシュ)は、取引のプライベート性と

匿名性を追及したプロジェクトで、Umbraというプラットフォームを

開発し、SDCというトークンを使っています。

しかし2017年の4月にプロジェクトの終了が発表され、

5月には取引所であったPoloniexも取引中止を発表しています。

代わりに、シャドウキャッシュの開発メンバーが別のParticlという

プロジェクトを始めており、SDCのみがそのParticlのトークンであるPARTと

交換できるようです。仮想通貨のプロジェクトは終わってしまいましたが、

現在シャドウキャッシュを持っている人は新しくなった仮想通貨に交換することが

できますので持っている仮想通貨が全く意味がなくなってしまうことはなかったようです。

通貨表記は(SDC)です。

ShadowCash(シャドウキャッシュ)の特徴

ShadowCash(シャドウキャッシュ)の特徴として、

取引が公開されて透明性を持つ他の仮想通貨と違って、

プライバシーの確保は人権であるというコンセプトにより

ユーザーのプライバシーを守るために匿名性を

高めている点が挙げられます。

仮想通貨は使用されるコミュニティの中での支払いをブロックチェーンなどの技術に

よってプライバシー性を高めて匿名で行うことに使用されますが、

シャドウキャッシュのプラットフォームであるUmbraでは

支払いだけではなく分散型のチャットアプリケーションなどのような

プライベート性のあるソフトを仮想通貨の決済や送金スピードと一緒に

提供するプラットフォームとなっています。

シャドウキャッシュのブロックチェーンのアルゴリズムには、

安全性が高いものが使用されており取引台帳に取引を

追加して承認するための時間ブロックタイムが、

ビットコインの平均10分に比べて1分と非常短時の

処理ができるのも特徴とされています。

ShadowCash(シャドウキャッシュ)を扱う取引所

ShadowCash(シャドウキャッシュ)を

扱っている取引所はBittrex(ビットレックス)です。

ShadowCash(シャドウキャッシュ)の今後

ShadowCash(シャドウキャッシュ)は、取引や情報交換の匿名性と

プライベート性の強固を目指して開発されましたが、

それをさらに強固にするために新たにParticlというプロジェクトが

開発中となっています。ParticlのトークンはPARTで、

シャドウキャッシュのSDC保持者しか取得できないようですが

まだ移行途中であり、詳細は不明です。

シャドウキャッシュはポジティブな理由で終了したようです。

新しい仮想通貨の情報がまた出次第、今後どう動くか楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)