韓国の国会が、国内でのICOを許可する正式な提案を行う

韓国の国会が、国内でのICOを許可する正式な提案を行う

韓国の国会は、国内でのICO(イニシャルコインオファリング)を2017年の9月より8ヶ月間禁止していましたが、これを許可する正式な提案を行なったことが判明しました。

韓国国内のビジネスコリアの報道によると、300議席を要する国会議員は、関連する投資家保護規定遵守することで、国内のICOを許可する公式な提案を準備しているようです。

同国内の企業などがICOを行う際に、ブロックチェーンや仮想通貨に友好的なシンガポールやスイスなどに拠点を移し、ICOを実施するケースが多くなっています。

第四次産業革命委員会は政府に対して、公衆と民間の専門家の両方を含むタスクフォースを形成し、仮想通貨取引の透明性や安全な取引を改善・確立することを要請しました。

さらに、同委員会は以下のように述べています。

「行政は、ブロックチェーン政策を体系的に行い、産業支援を効率的に行うために、新しい委員会を設置し、ガバナンス体制を構築することも検討する必要がある。国会常任委員会を通じて、ICOの許可を含む暗号化取引の法的根拠も確立する」

今月の初めには、記者会見にて、韓国の韓国金融監督院(FSS)に新たに就任するユン・スホン知事が、韓国の仮想通貨に関する規制を緩和すると述べています。

韓国金融監督院の新たなトップが仮想通貨に対して肯定的な意向を示す 

2018.05.07

運営の見解

運営の堀口
先月に金融監督院のトップが変わり、仮想通貨に前向きな姿勢を見せるなど、今回のICO解禁も頷けます。

時期的なことも考えればG20の法整備に合わせた規制のフレームワークを作っていくのだろうと思います。

第1号は韓国大手取引所bithumbのICOでしょうか?

いずれにせよ楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)