米国司法省が商品先物取引委員会(CFTC)と協力し、Bitcoinの価格操作について調査開始

米国司法省が商品先物取引委員会(CFTC)と協力し、Bitcoinの価格操作について調査開始

米国司法省は、市場規制機関である商品先物取引委員会(CFTC)と協力してBitcoinや、他の仮想通貨が価格操作をしているか調査を開始しました。

捜査内容は、他人になりすまして不正に利益を得る手法であるスプーフィングという手法などの違法行為に焦点を当てています。

規制当局は、仮想通貨が多くの理由で祭儀の影響を受けやすいと懸念しており、MtGOXなどの大きな資産を持つ企業や、個人のみで価格の操作ができてしまうことや、株式やその他の投資のように規制の体制が整っておらず、規制体制の欠如が問題とされています。

今回の報道はブルームバーグが報道をし、その後Bitcoinは大きな価格の減少を見せました。

さらに、司法省にの調査の中には、偽造やマネーロンダリングなどの違法な取引についても対策が行われるようです。

仮想通貨市場の価格操作について研究しているテキサス大学の財務教授であるJohn Griffin氏は、仮想通貨の監視に関する監督が限られているため、他の投資市場と比べても狙われるリスクがあると述べました。

また以下のようにJohn Griffin氏は続けています。

「仕手取引、スプーフィング、マネーロンダリングの監視はほとんどありません。」「この市場を偽ってしまうのは簡単だろう」

価格操作やマナーロンダリングなどに関する問題は、デジタル産業が成長していくほどに規制は難しくなる傾向になります。規制と不正はイタチごっこが続き完全なる規制体制が完了するには、今後も長い時間がかるでしょう。

運営の見解

運営の堀口
今回の仮想通貨市場の下落の最大の要因となったのがこのニュースでしょう。

最近になって本格的にアメリカの規制機関が動き出し始め、規制への懸念が短期的な下落を引き起こしています。

しかし、中長期的に仮想通貨市場へ機関投資家を呼び込む材料になることは間違いないでしょう。

Bitcoinのデジタルアセットとしての資産価値が高まっていくことを考えれば、安く買えるチャンスとして捉えるべき市場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)