COMSAというICO業界を激変させる大型プロジェクト

2017年10月2日14時より

テックビューロによってCOMSAプロジェクトが始まる。

COMSAとは、企業によるICO調達をワンストップで実現させるプロジェクトである。

これによって、企業は資金調達がかなりしやすくなっていくだろう。

現状、企業が資金調達をしようとすると

・個人投資家

・国民政策公庫

・保証協会

・ベンチャーキャピタルからの出資

・助成金

くらいしかない。

 

しかも、審査なども時間がかかり、結局なかなか事業としてうまくいかないパターンも多いのが現実で、

日本のベンチャー業界が育たないのが実情だ。

 

それが、企業主導でCOMSAが資金調達のプラットフォームを仮想通貨で作ってくれたのだから、

今後の発展がとても気になるところだ。

 

実際、仮想通貨のICO市場では、2017年4月以降、毎月100%以上の成長をみせている。

 

仮想通貨全体の時価総額も、たった4ヶ月で200億ドルから6月のピーク時は1160億ドルへと6倍もの急激な成長をみせた。

 

今後、市場が1兆ドルを超すのも時間の問題であり、ICOによる調達額もそれに比例して伸びていくだろう。

 

日本では、COMSAがICOの最初のプラットフォームを確立し、これから日本のICO業界を支えていくのは確実だろう。

 

これが、どれだけの衝撃をIT業界にもたらしたか、

 

凄さを理解している人は、水面下でどんどん準備をしている。

 

正直、早いもん勝ち状態である。

 

なかなかないチャンスをものにできるかは、いかに情報を早くキャッチして、それを形にしていけるかどうかだ。

 

ICOで資金調達してビジネスをしない人でも、COMSAを買っておけば

有望なICOにそのまま投資できるのも魅力的だ。

 

ワイトペーパーを読んでない方のために、今からCOMSAプロジェクトのために何をすればいいか

1:COMSAのICOに参加するために事前登録をする

2:ホワイトペーパーを読み込む

3:ビジネスを考える

 

 

1:事前登録をする

COMSAはICOソリューションと同時に、COMSA(CMS)というコインも発行される。

そのICOが10月2日14時からある。

事前登録は必ずしておくべきである。

⇒https://tokensale.comsa.io/

このリンクから事前登録はできるので、早めにしておこう!

 

2:ワイトペーパーを読み込む

実際に、COMSAがどのようなビジョンでこのプロジェクトを進めていくか、どのようなサービスがでるのかが

詳しく書いてあるので何度も読み込んでいこう。

このサイトでもまとめたものを記事にしていく予定だが、実際に自分の目で見た方がいい。

 

3:ビジネスを考える

ICOができるということは、資金調達を使って自分がやりたいビジネスを実現させることが可能になってくる。

すでに、良いビジネスを思いついたり、進めている場合で資金が足りない場合は是非このICO利用してほしいと思う。

 

スケージュール

 

コンテンツ時代に新たな通貨とプラットフォームができ、ますます楽しみな時代が訪れるだろう。