ステーブルコインのテザーが新たに2.5億ドルをテザーを発行

ステーブルコインのテザーが新たに2.5億ドルをテザーを発行

1ドルという安定した価値を保つ仮想通貨である、ステーブルコインであるテザーが新たに2.5億ドル相当の新しいUSDTトークンを発行しました。

ステーブルコインはテザーが独占している状況にあり、これまでのテザーの総発行数は25億USDTに達しています。

テザーはトークンの量が全てが米ドルに裏付けされているとされていますが、以前より疑問や批判の声が多く挙がっています。

また今回のテザーが新たにトークン発行したことにより、Bitcoinの価格は1時間以内に約120ドルとEthereumが10ドル増加しています。

テザーは今年の1月より、米ドルに裏付けられている事実を疑われており、FUD(恐怖・不安・疑念)が仮想通貨市場を覆い尽くしました。

さらに現在、TrueUSDやベーシスなどのベンチャー企業が、オリジナルの新たなステーブルコインを開発を進めており、仮想通貨と金融市場が統合されていくうちに、テザーのような一社が独占する形態は難しくなると予想されます。

運営の見解

運営の堀口
Tether社が発行するUSDTには多くの”疑惑”がつきまとっています。

発行量、出来高は現在も増加し続けていますが、この米ドルとpegしたトークンが整合性があるのかどうかは未だ定かではありません。

ハッキリしていることはUSDTが新規発行されると必ずBitcoinの価格が高騰します。

それ以外の部分には不透明な点が多い為、早期の価値の裏付け、または他の有力なスケーラブルトークンが頭角を表すことを期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)