Tether(テザー/USDT)の特徴・詳細とは?|ドル(USD)に裏付けされた仮想通貨

仮想通貨と言うと、高いボラティリティの、熱狂的・投機的な側面ばかりが取り上げられがちですが、実際はブロックチェーン技術を用いて現行の経済の仕組みをよりよく変えようとする試行という側面もあり、実際はそれこそが表でしょう。

Tether(テザー/USDT)は、ブロックチェーン技術を用いたトークンとして「ペッグ通貨」の役割に特化しているというアイデンティティを持ち、数ある仮想通貨の中でもユニークな存在感を見せ、ブロックチェーン技術による現在の経済への試金石として活躍しています。

ペッグ通貨とは、ドルや円などの法定通貨と為替レートを固定させた通貨のことです。香港ドルは米ドルのペッグ通貨で、価格が連動しています。仮想通貨でありながらペッグ通貨であるということで、Tetherは法定通貨の矛盾や軋轢を解消し、仮想通貨間取引の媒介としての役割を担っています。また、そのことで仮想通貨の売買取引の際の基軸通貨としてその位置を確立しています。

そんなTetherについて、その特徴やレートを固定させている仕組み、中央集権体制のメリットデメリットから「テザー疑惑」まで、詳しく解説していきます。

Tether(テザー/USDT)の最新価格・相場・チャート・評価


初心者必見!Tetherの特徴・詳細

Tetherは、Tether Limitedが運営している、ブロックチェーン技術で開発されたドル固定のペッグ通貨です。略号はUSDTで、1運営がUSTDが1USDになるように価格が意図的に固定されています。後述しますが、Tetherはマイニングできません。

ドルは一日で(仮想通貨のように)価格が倍になったり半分になったりすることはまずありえません。市場規模・経済圏が巨大で売買が一辺倒になりすぎることがないためです。この法定通貨の王者であるドルに価格が固定されていることで、Tetherの価格は、とても安定していると言えます。

Tetherとは?

仮想通貨トークンは、法定通貨と比べると送金スピードが早く、手数料が安いことが特徴として挙げられます。例えば、日本からアメリカへ円をドルに換えて送金をしようとした場合は、両替や金融機関を仲介するため、時間と手数料がかかってしまいます。
金融機関にいたっては営業時間外の場合だと手続きが足踏みしてしまう場合すらあります。しかし、仮想通貨トークンの取引なら、24時間365日ほとんど時間も手数料もかからずに取引をすることができるのです。

円からドルへの両替送金の効率化に、Tetherが一枚かんでいるのです。この場合は、Tetherを2通貨の間に挟むのがとても有効な手段です。送金を、円→ドルとするのではなく、円→Tether→ドルとすることで、仮想通貨トークンとしての送金を行うことができ、法定通貨のタイムラグ問題を解決することができます。

ここで削減できる手間はとても大きく、経済合理性のある方法だと言えます。Tetherはこのような利用を目的として作られました。

USDTの仕組み

それではなぜ、ドルと価値が連動するのでしょうか。Tetherの価格1USDTがほぼ1ドルに固定される仕組みは、Tether発行時の決まりにあります。

Tetherの運営をしているTether Limited社は、市場に流通しているTetherの量と自社で確保するドルの量を同じにすることでバランスをさせ、Tetherとドルの価値を一定にしているのです。

Tetherは、「Proof of Reserves」と呼ばれる新規発行システムを採用しています。
このシステムは、ユーザーがドルを入金するとTether Limited社はそれをプールし、それと同量のTetherを発行するというものです。Tether Limited社がゲートとなってドルの流通網のなかのTetherの流通を管理することで、価格を同じにしているのです。

ユーザーがTetherをドルに戻したいと意思した際は、TetherをTether Limited社へ入金することで、プール額からドルを引き出してもらうことができます。Tether Limited社は、このプールしているドルの金額を毎日公開しています。このことで支払い能力を証明し、Tetherへの信頼担保をしているのです。

先の項でTetherはマイニングできないと書きましたが、それは上記が理由です。通貨の発行をユーザーでなく、管理者が権限を持って意図的に行っているのです。

GMOが日本円と連動したステーブルコインの発行を発表

2018.10.10

ウィンクルボス兄弟が運営する取引所「Gemini(ジェミニ)」、世界初の規制当局に許可された独自ステーブルコインを発行

2018.09.11

完全な中央集権体制で管理

先ほど説明したように、Tether Limited社が多額のドルの管理をしていること、マイニングができないこと、これらはTether Limited社に中央集権的な体制にあるということとなります。

サトシナカモトのビットコイン論文を基にして開発されてきた仮想通貨は、基本的には非中央集権体制への志向があります。Tetherその点で他の多くの仮想通貨とは異なる独特なトークンだと言えるでしょう。このことのメリット、デメリットについて見ていきます。

メリット

何度か述べていますがTetherはとても安定してる、価値変動が少ない通貨です。このことは大きなメリットと言えます。ペッグ通貨と言えどTetherはドルと2%ほどの乖離が生まれる時があることが観測されていますが、他の仮想通貨と比べると誤差と言っていいレベルです。

このため、変動の大きく、急騰や急落のよくおこる相場では安心感をもって取引が行われます。ビットコインイーサリアムなどのビッグネーム通貨のハードフォーク時などには、一時避難的に利用されることもよくあります。

デメリット

デメリットは、Tether Limited社に集権していることへのリスクです。Tether Limited社に何かがあった際は、価値が一気に無くなる可能性もあります。

例えば、プールされている資金がハッキングや不正により盗まれてしまったり、Tether Limited社への攻撃等があった場合、Tetherはその問題に連動した信用低下に伴って暴落してしまいます。

Ththerにかけられる疑惑

Tetherは、「テザー疑惑」という言い方で2017年の春ごろから良くないうわさがよく流れるようになってます。それほど注目を浴びているとも言えますが、火のないところに噂は立たぬとも言いますし、判断の難しいところです。

「テザー疑惑」はつまるところ、Tetherの価値の担保となるドルを、Tether Limited社が保有していないのに、Tetherを発行し続けているのではないか、という疑惑のことです。

疑惑① 準備金は存在しない?

前述のとおり、Tether Limited社は発行・市場流通されたTetherの数とプールしているドルの数が同じになるように管理しているということになっています。しかし、これには確固たる裏付けがありません。
2017年春、台湾銀行とウェルズ・ファーゴというビッグな銀行が、Tether Limited社との提携を解消しました。また、2018年1月の監査法人との関係取り消しをするなど、与信に関わる行動を続けざまにとっています。このことで疑惑が高まっています。

 

疑惑② Bitfinex社と価格操作している?

Tether Limited社は、取引所のBitfinex社と提携をしていますが、Bitfinex社のウォレットに着金をした2時間以上後にビットコイン価格の上昇が頻繁に認められるというレポートが公開されました。このことからTether Limited社と、Bitfinex社の癒着が疑問視されています。
また、新規でのTether発行があった際、これまた2時間以内にかなりの確率でビットコインの価格上昇が起こっている、という報告もあり、なんらかの関係が統計的に見て取れると言われています。

ビットコイン(BTC)の価格が急上昇!先日のUSDTの大量送金とは関係があるのか!?

2018.10.15

Tether(テザー)社|USDTを米ドルで裏付けているとする証明文書を公開!仮想通貨市場の反応とは?

2018.11.03

それでも多くの取引所で利用出来る

様々な疑惑があるTetherですが、仮想通貨トークンのペッグ通貨の中では飛び抜けて人気があります。リリースから総発行量は10倍以上に伸びており、最も動向が注目される仮想通貨のひとつと言えるでしょう。

その安定性から、仮想通貨市場の基軸通貨として多く取引されています。アメリカにある取引所である、PoloniexやBittrexなどは、Tetherの通貨ペアを用意しています。

Tetherの評価まとめ

Tetherの今後

2018年11月後半のビットコインおよび他の仮想通貨の暴落は、11月20日にアメリカの司法省がTether Limited社の捜査を開始したことが原因ではという噂があります。捜査によりTetherでの買い支えが無くなり、価格が下落した、という見方です。

それほど仮想通貨の価格担保となっているTetherですが、もしも「テザー疑惑」が本当だと暴露されてしまい、Tether Limited社が原価の無いTetherと大量のビットコインが交換されていたことが証明されてしまえば、仮想通貨の大暴落が起こることは想像に難くありません。

この「テザー疑惑」をどう払拭していくかが、今後もTetherが基軸通貨としてポジショニングしていけるかの焦点になります。他のペッグ通貨系トークンと比べて大規模になったTetherは、「テザー疑惑」でビットコインの価値を左右する存在にもなってしまっているので、仮想通貨の動向と合わせて大きく注目を集めていくポイントとなっていくでしょう。

Ethereum(イーサリアム/ETH)のおすすめ取引所

Huobi

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする88種類以上
  • 取引手数料    : 0.2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Huobiの特徴・詳細

2018.04.17

Huobi(フオビ)は香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、現在の取引高が第5位と多くのユーザーに使用されています。

現在は提携は解消されていますが、日本の大手金融機関であるSBIホールディングスと以前まで提携していました。しかし、取引所のサポートも日本語対応が開始されているので、日本人と関わりが深い取引所として注目の取引所となっています。

Huobi取引所は独自トークンである「Huobi Token(HT)」を発行したことになり話題となっています。

Kucoin基本情報

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・NEO・USDT・KCSなどの78種類以上
  • 手数料      : 0.07%~0.1%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Kucoinの特徴・詳細

2018.05.07

Kucoinとは、香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、1日の取引量でも世界トップクラスを誇る取引所として有名です。

海外の取引所では珍しい日本語の対応をしており、日本人でも安心して利用することができ、日本に愛される取引所になっています。

日本人が使いやすい取引所なのはもちろんですが、取引通貨も豊富で、有名な主要通貨からマイナーアルトコインまで幅広く取り揃えています。

Kucoinでは、中国の仮想通貨取引所Binanceのオリジナルトークンである「BNB(バイナンストークン)」のように、取引所独自のKucoin Shares(KCS)というトークンが発行されています。

KCSを保有していると様々なメリットを受けることができます。

OKEx

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする100種類以上
  • 取引手数料    : 0.02〜0/2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】OKExの特徴・詳細

2018.05.28

OKEx(オーケーイーエックス)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。

2018年5月28日時点で、日本でも最も知名度の高い取引所のBINANCEを抑え、24時間取引量第1位となっています。取扱銘柄も豊富で、世界最大級の取引所と言えるでしょう。

保持することによって様々な恩恵が受けられる、独自トークン「OKB」も発行しています。

よく読まれているEthereum(イーサリアム/ETH)の関連記事

ステーブルコイン「Tether(テザー)」|ステーブルコインの一日の総取引量の98%がテザーであることが判明

2018.10.01

Tether(テザー)社|USDTを米ドルで裏付けているとする証明文書を公開!仮想通貨市場の反応とは?

2018.11.03

ステーブルコイン(StableCoin)とは?3種のステーブルコインの特徴を解説

2018.09.10

ブルームバーグが8月に新規発行されたUSDTは仮想通貨市場には影響しないと発表

2018.08.27

BinanceCoin(バイナンスコイン/BNB)の特徴・詳細とは?|世界一の取引所が発行する取引所トークンとは

2018.11.10