ナスダックのシステムを使用した仮想通貨取引所を来月中に開設

ナスダックのシステムを使用した仮想通貨取引所を来月中に開設

米国の株式市場であるナスダックのシステムを使用した仮想通貨取引所が来月に開設することが14日、ファイナンスマグネイトが報じました。

来月に開設される予定の中央集権取引所である「DX.Exchange」はナスダックのマッチングエンジンなどのインフラを使用した世界初の取引所であり、法定通貨と仮想通貨の交換ができ、保有、ウォレットサービスを提供します。

DX.ExchangeのDaniel Skowronski(ダニエル・スカウランスキ)氏は「この総合金融機関のメリットは、ブランド名・技術・規制の3つである。」と発言しています。

取引所の詳細は、取引手数料は無料で、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインなどの6種類の通貨を扱います。

その後にも様々な仮想通貨を追加し、直近の第2フェーズでは20〜25種類に取り扱い通貨を拡大する予定です。

さらにプラットフォームには、チャット機能で ユーザー同士が危険を交換したり、ニュースフィードや、通貨に関する情報集約する機能を実装するようです。

同CEOはDX.Exchange取引所の提供を米国の顧客には提供しない方針をしていますが、現在、米国証券取引委員会(SEC)と交渉しており、今後どのように動くか注目になります。

運営の見解

運営の堀口
米大手証券取引所ナスダックがついに仮想通貨へ参入を決めました。

元々昨年から報道されていましたが、本格的に動き出した格好になります。

法定通貨との交換や、安全性の担保などのインフラ整備が急速に整うことが期待され、これまでよりも幅広いユーザーを獲得していくでしょう。

SECとの協議は現在、poloniexが進めていますが、ナスダックも認可されればアメリカ仮想通貨人気が爆発的なものになるでしょう。

 

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)