ニューヨーク証券取引所のICE ビットコインの取引を行えるプラットフォーム設立を検討

ニューヨーク証券取引所のICE ビットコインの取引を行えるプラットフォーム設立を検討

ニューヨークの証券取引所であるIntercontinental Exchange(ICE)が、ビットコインの取引が行える取引所プラットフォームの提供を検討していることをニューヨークタイムズが報じました。

この情報は極秘情報とされていましたが、匿名のリークにより今回明らかになりました。

最近では金融や証券市場に精通しているウォール街と仮想通貨が接近するニュースが注目されています。

先日、ゴールドマン・サックスが正式に仮想通貨業界に参入すると発表したり、ナスダック証券取引所(NASDAQ)が国内の仮想通貨取引所ジェミニと業務提携を結んだ事など大きなニュースが話題を呼んでいます。

現在、仮想通貨は各国の規制当局の方向性が定まらず、規制当局は大手金融機関の参入を拒んできました。

しかし、仮想通貨に関する規制方針が固まりつつあり、既存の大手金融機関の参入を加速化させています。

日本でも夏にSBIバーチャルカレンシーが取引所を開設することで、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場が盛り上がることが期待できます。

運営の見解

運営の堀口
やはりBinanceやCoinbaseの出してきた業績を見れば、もう見て見ぬ振りは出来ないでしょう。

既存の大手金融機関にとって、コインチェックのNEM流失事件等からも分かるように仮想通貨特有のカウンターパーティリスクが懸念されていました。

しかし、逆にそれは仮想通貨自体への懸念が払拭されつつあることに起因しています。

今後、大手金融機関の仮想通貨市場参入はアーリーアダプター層の参入を加速させ、一気にキャズム超えを果たし、一般に普及する未来が刻一刻と近づいていると言えます。

NextMoney【公式LINE@】

LINE@ではNextMoneyのコラムや最新ニュース、分かりやすいコンテンツをいちはやく情報配信しています。無料ですべてのコンテンツが使用できますので友達登録おねがいします!

NextMoneyのおすすめ情報コンテンツ

取引所に登録して仮想通貨を始めてみましょう。安心性・機能性もNextMoneyイチオシです。