仮想通貨 XRPの売上高 第一四半期に83%増加

仮想通貨 XRPの売上高 第一四半期に83%増加

サンフランシスコのスタートアップRipple incは、2018年の最初の3ヶ月間にXRPを1億6770万ドルで販売し、2017年の第1四半期と比較して83%の増加と2,400%の増加となりました。

Rippleはエンタープライズビジネス向けのツールを構築したオープンソースのXRP Ledgerと長い期間友好的な関係です。

同社はさらに、XRPの直接販売額は1660万ドルで、前四半期と比較して17%減少したと述べました。

一方、暗号侵害のプログラムによる販売は倍増し、一方で7150万ドルから1億5110万ドルに増加しています。

世界的に取引されたXRPの総量も、第1四半期に著しく増加しており、第2四半期の販売数量は68%増の1,600億ドルとなっています。

全体の市場規模のうち、2017年末の5.3%から3月末の6.9%に増加したことで、QRPの総暗号暗号化市場に対する影響は第1四半期に増加しました。

運営の見解

運営の堀口
昨年末に公表され、Ripple社の保有する550億のXRPが凍結されることになりました。

凍結の理由に、いつでもXRPの供給を生み出すことができると述べており、価格の操縦はいとも簡単に出来てしまいます。

Ripple社が進めるプロジェクトも、おおよそがXRPが使われるかは不明な点が多く、既存の株式に近いとも考えられます。

いつでも供給を生み出すというメッセージは投資家ではなく、パートナー企業へのリップサービスでしょう。

将来的にXRPが使われるという可能性は低いように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)