SBIホールディングスの取引所開設が今年の夏にも開始か!?

SBIホールディングスの取引所開設が今年の夏にも開始か!?

今月の26日にSBIホールディングスは2018年3月期決算説明会を開催し際、以前より報道されていた仮想通貨子会社であるSBIバーチャル・カーレンシーズの取引所開始時期について発言しました。

代表取締役社長の北尾吉孝氏は「早ければ夏」と明らかにし、「スプレッドを業界最小に設定し、グループ企業とのシナジーにより、直ちに業界トップになる」と述べました。

北尾氏によると、BTC、ETH、XRP、BCHの通貨を取り扱うとしているが匿名通貨については「一切やらない」と明らかにしました。

SBIバーチャル・カーレンシーズは以前より予定されていた2月27日の仮想通貨取引所の開設を延期し、3月9日に今、最も注目されている中国の仮想通貨事業大手フォビグループとの資本・業務提携の基本合意取りやめを発表しています。

事業開始が遅た理由については、今年1月末のコインチェックのNEM流出事件を受けてのセキュリティ強化、登録済み業者を含むみなし業者の金融庁による行政処分、市場の取引ボリュームの減少などを理由に挙げました。

しかし、今年夏までに開始日の結論を出すとました。さらに、最短での取引所の開設は夏に開始となるようです。

運営の見解

運営の堀口
SBIは今夏にも仮想通貨取引所を開設する意向を既に発表しました。

取り扱い銘柄はBTC.ETH.BCH.XRPの4つあると共に、CEOの北尾氏はBCHとXRP推しを公言しています。

NEM盗難事件が起こった際、コインチェックに対して「カス中のカス」と発言した通り、既存の取引所のスプレッドに問題提起し、それを改善し、業界最大手になるだろうと発言しました。

大手金融機関の仮想通貨取引所事業への参入は、これまでよりも広い層のユーザーを呼び込むことが期待される反面、多種多様な銘柄を取り扱わないことが新規ユーザーを取り込めないのでは、という懸念点も考えられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)