国内取引所テックビューロ社が勤務管理をブロックチェーンで管理するテストを実施

国内取引所テックビューロ社が勤務管理をブロックチェーンで管理するテストを実施

国内の仮想通貨取引所であるZaif(ザイフ)を運営しているテックビューロ社は今月の25日に、副業を促進は図るため制度を計画し、そのためのブロックチェーン技術を活用したを生む管理の実証実験を行いました。

実証期間は3〜4月に行われ、提携企業は、人材サービスのパーソルキャリアと、システムインテグレーション事業の日本情報通信になります。

近年の世界状況は副業をすることは生活する上で必要なことであると世間が認知し始めています。

それに伴い副業をする社員などの勤務時間を正確に正しく把握することが難しいといった課題や、雇用側の勤務時間改ざんに対する労働者側の要望に応えることが必要になります。

今回のシステムをテックビューロが提供する手段として、プライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェア「mijin」を使って、副業支援アプリを作成し労務管理を行いました。

実証の結果、企業側は自社・副業先の労働時間の実績データを、ブロックチェーン上で管理することで、二重出勤を防止できたようです。

個人側は、同様にブロックチェーン上で勤怠管理をすることで負担が軽減でき、また、マルチシグネチャによって改ざん防止が見込めたといいます。

運営の見解

運営の堀口
CEO朝山氏は仮想通貨交換業者に登録された16の取引所の自主規制団体のイベントに唯一出席せず。

理由は「会場が遠いから。」

Zaifを運営するテックビューロ社が実施したICO「COMSA」は既に海外ではSCAM扱い。

当の本人のTwitterアカウントは鍵アカウントに、、

Zaifさん、その前にやることあるでしょ。

The following two tabs change content below.