サンフランシスコ連邦準備銀行総裁がビットコインに苦言

サンフランシスコ連邦準備銀行総裁がビットコインに苦言

サンフランシスコ連邦準備銀行総裁であるJohn Williams(ジョン・ウィリアム)氏は、4月20に行われた演説の中で仮想通貨に関して「仮想通貨は通貨としての基本的な評価基準を満たしていない」と発言しました。

ウィリアム氏は時期ニューヨーク蓮ぽ準備銀行総裁として有力視されている人物の一人であり、本来の通貨としての機能は基本的にtほち区手段であるべきだと述べており、常に変化しつずける金融業界に仮想通貨は「弾力性」が必要でと述べました。

さらに、通貨として仮想通貨は、モノやサービスに対す売る信用性のある決済手段になることが困難であると続けいています。

ビットコインはマネーロンダリングやICO詐欺、テロ準備金提供などの多くの問題を抱えていると仮想通貨を強い懸念を抱いています。

しかしその反面、「本来、通貨の供給という構想や判断は、むしろ政府や中央銀行の領域に属するものだ。 私は、仮想通貨をより有望な技術としては、評価している」と発言しており、ブロックチェーンや、トークンの各機能に対して好意的な発言をしています。

運営の見解

運営の堀口
通貨としてはナシ、技術的には有望。

もはや聞き飽きたフレーズです。

そもそも法定通貨を取り扱う銀行にとって仮想通貨は今後、最大の難敵になり得る可能性が非常に高いですから、こう発言するのが無難です。

しかし、先日TwitterのCEOがビットコインが決済として使われると発言したように、著名人でも意見がかなり別れてはきました。

不確かな未来に向けて、確かなことはビットコインは世界を変えるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)