【仮想通貨用語集】『DAICO(ダイコ)』とは?

仮想通貨における『DAICO(ダイコ)』とは?

イーサリアムの創始者である、ヴィタリック氏が提案した全く新しいICOの仕組みです。

詐欺のような不正なICOから投資家を守りつつ、企業にとってもメリットのある画期的な仕組みとして話題になっています。

DAICOという名前は、DAO(非中央集権の自立的な組織)という言葉とICO(イニシャルコインオファリング)という言葉を合わせたネーミングになっています。

DAICOの仕組みは、企業が資金を調達したい場合、プロジェクト内容とトークンをイーサリアムブロックチェーン上に登録し公開します。

投資家はトークンを購入したい場合、イーサリアムを送金しトークンを購入します。

このプロジェクトでイーサリアムのブロックチェーン上に集まった資金は、プロジェクトを行う企業が自由に使うことはできません。

DAICOには『TAP(1秒間に引き出すことができる金額を示します)』とう言う単位が用意されており、TAPに従った金額しか、企業は引き出すことが出来ない仕組みになっています。

このDAICO特有のTAPは、このプロジェクトのトークンを購入した投資家やユーザー(トークン保有者)が決める仕組みになっています。投資家は定期的に投票を行い、TAPの引き上げをして開発を促進するか、プロジェクトの閉鎖を決定するかを投票によって決めることができます。

プロジェクトを行う企業側はAPの引き下げのみの権限しか与えられていないので、プロジェクトで集まった金額を不正に使用することはできなくなります。

トークン保持者は、プロジェクトが順調に進んでいるかを判断し、将来的に期待が持てないと感じた際は、プロジェクトを閉鎖することができるということになります。

この場合、調達した金額を全て企業が回収する前に、プロジェクトが閉鎖になった場合は、ブロックチェーン上に残っているイーサリアム分だけ、投資家が回収する仕組みになっています。

『DAICO(ダイコ)』の使用例

ICOにDAICOを使用してプロジェクトを行う。

DAICOを使用したICOなので安心してトークンを購入できる。