【仮想通貨用語集】『シークレットキー(秘密鍵)』とは?

仮想通貨における『シークレットキー(秘密鍵)』とは?

ビットコインは政府や金融機関が存在することなく安全に管理されておりビットコインをみんなで管理しています。

しかし、みんなで管理するとはいい、誰でもシステムを操作できてしまっては決済システムが成り立つことが出来なくなります。

この課題を解決するために「公開鍵(パブリックキー)」「秘密鍵(プライベートキー)」という2つの鍵が存在します。

シークレットキー(秘密鍵)とは仮想通貨を扱うための暗証番号のようなものです。

ビットコインを送金する際に相手のアドレスを教えてもらい送金を行います。アドレスは銀行口座のようなものであり、他の人に知られても構いません。

しかし、シークレットキー(秘密鍵)は他の人に知られてしまうと、勝手に自己資産を盗まれたり、知らない相手に知らないうちに送金をされてしまいます。

仮想通貨を扱う際は、秘密鍵は必ず他人に知られないようにしましょう。

ちなみに、仮想通貨取引所で購入した際に秘密鍵に関する情報はもらえません。仮想通貨取引所が管理するウォレットに仮想通貨は管理されており、そのウォレットの秘密鍵はユーザーや投資家は知ることができません。

『シークレットキー(秘密鍵)』の使用例

シークレットキー(秘密鍵)の情報がバレて自己資産をハッキングされてしまう。

シークレットキー(秘密鍵)がわからないとビットコインを送金できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)