インド中央銀行の仮想通貨禁止令の真実?

インド中央銀行の仮想通貨禁止令とは?

インドの中央銀行が5日、金融機関に対して仮想通貨に関連する個人・法人との取引を停止する様に求める決定をしまいた。このことを受け、署名サイトであるChange.orgで請願活動が行われています。すでに請願活動で署名された人数は4月5日から現在に至るまでに1万8000人以上が署名をしています。

請願書によると、インド中央銀行(RBI)が4月5日に発表した禁止令は、インドの仮想通貨市場において不正な取引増加させる可能性がある様です。

また、本来、仮想通貨取引所で発生した利益に対する税収を政府が獲得することも困難になり、この様な中央銀行の対応が仮想通貨市場の急落を引き起こす可能性があるとしています。

この様な請願活動に加え、業界内部の関係者や個人からも今回の禁止令に抵抗する動きが見られました。ツイッター上では仮想通貨取引所セブペイのアジート・クラーナCEOは「決して止めないと」発言しています。

今後、政府の決定がどのように進展していくかまだよくわかりませんが、今回の発表において重要なのは、ビットコイン取引自体が禁止されるわけではないという事です。

人口が最も多いインドで仮想通貨の取引が禁止された時にはカオス通貨市場に大きなダメージがありますが、今の所は大丈夫な様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)