【仮想通貨用語集】『GOX(ゴックス)』とは?

仮想通貨における『GOX(ゴックス)』とは?

GOX(ゴックス)とは、2014年2月に東京に本拠を置く仮想通貨取引所の「Mt.Gox(マウントゴックス)」社が、ハッキング被害を受け750,000BTCを不正流出され破綻した事件をきっかけにこの「GOX(ゴックス)」という言葉が仮想通貨で頻繁に使われる言葉となりました。

しかし、GOXとは具体的にはハッキングのことではなく、自己資金を取引所や第3者に預けていた時、その取引所や第3者に持ち逃げされることを意味します。

また、稀なケースですが取引所に預けていたが、ログインID・パスワード・2段階認証パスワードなどを、自分の不注意で紛失し預けていた仮想通貨を取り出せなくなる場合は「セルフGOX」と呼ばれます。

取引所にはこのように「ハッキング・GOX・セルフGOX」などの危険性があり、十分注意して活用する必要があります。

『GOX(ゴックス)』の使用例

取引所に自己資金を預けていたらGOXされてしまった。

GOXされる可能性があるためウォレットに補完をする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)