【仮想通貨用語集】『買い板』とは?

仮想通貨における『買い板』とは?

仮想通貨の取引所では、取引所から仮想通貨を購入する以外に、ユーザー同士で取引を行うことが可能になっています。

このユーザー同士の取引を行う際に、仮想通貨を買いたい人と、売りたい人の意見が一致すれば取引が成立します。なので、自分の売りたい、買いたい価格が表示されていなければ売ることや、買うことは出来ないことになります。

このように、売りたい時、買いたい時に、取引所に表示されてい「売/買」「レート(価格)」「注文量」の3つから構成されている物を「板」と言います。

板には、売り板・買い板が存在し、売り板は売りたい人「売/買」「レート(価格)」「注文量」が表示されており、買い板では、それと逆の「売/買」「レート(価格)」「注文量」が表示されます。

『買い板』の使用例

取引所の買い板が厚いため、仮想通貨を売却することができる。

買い板が少ないため、仮想通貨を売却するのは難しい。