LINEが韓国にブロックチェーンの子会社を設立!

LINEが韓国にブロックチェーンの子会社を設立!

韓国に本社を構えるLINEは、ブロックチェーン技術を扱う子会社「アンブロック(Unblock)」を同国内で立ち上げることを2日、韓国語版サイトで発表しました。

アンブロックは設立にあたり、ブロックチェーン技術をLINEの様々なサービスと融合させることを目的としています。

韓国でブロックチェーン技術を基にした広告事業を展開するAD4thの共同創業者を代表を迎い入れ、ブロックチェーン分野での専門知識を持った人材を採用していく考えだそうです。

LINEは仮想通貨事業に参加すべく今年の1月末に、仮想通貨取引などを手掛ける金融子会社、LINEフィナンシャルを立ち上げており、本格的に動き出し始めています。

このLINEフィナンシャルは、LINEのアプリ上で仮想通貨取引などの金融関連サービスを提供するコンテンツで、既に金融業に参入するための手続きなど、金融庁に登録の手続きを開始している。

大手企業が仮想通貨交換業に参加しているなか、LINEはかなりのスピードで事業を進めています。

さらに、3月末に大手証券会社の野村ホールディングスと業務提携も発表しており、両社は共同出資を行い、新しくLINE証券会社を5月にも設立する予定です。今後、開発をしていきLINEのプラットフォーム上で、株取引や投資相談をできるようにしていきます。

アジアですでに大きな市場を獲得している大手企業などが次々に仮想通貨市場に参加してきています。その中でも今回のLINEは、IT市場のトップクラスの企業であり大きな注目を浴びています。このまま急激なスピードで仮想通貨市場の中心になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)