中国が仮想通貨に対する今後の取り締まりを発表!

中国が仮想通貨に対する今後の取り締まりを発表!

中華人民銀行は、中国国内の全ての仮想通貨について、以前よりもさらに強化していくことを人民銀行が29日に伝えました。

中国人民銀行副総裁の Fan Yifei(範一飛)氏は、中国が現在抱えている金融システムや成果について話し合われた全国会議で、人民元について保護策を述べました。

Fan Yifei(範一飛)氏2、政府自らの仮想通貨の開発を支持することに参道しており「改革と革新をさらに強化し、中央銀行が発行するデジタル通貨の研究開発を確実に推進していくこと」と発言しました。さらに、今後仮想通貨についての研究開発を推し進めるとスピーチしています。

中国の仮想通貨業界への取り締まりは、世界中でも有名で仮想通貨の取引を行う上で非常に重要です。中国政府は国内および国際取引プラットフォームの禁止、中国国内の複数のビットコイン OTC(相対・店頭取引)口座の凍結、ビットコインマイニングのインセンティブ引き下げなど、仮想通貨を厳しく取り締まっています。

中国の規制に対し、政府主導の元、国と仮想通貨が共存し合う環境ができつつあります。先日のニュースでも中国大手仮想通貨取引所のBinanceが海外に拠点を移し、中国と距離を置くような状況にも発展しています。今後の中国と仮想通貨の規制が、どのようなバランスで規制されていくか大きな注目になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)