チャットアプリ「テレグラム」がICOで8億5000万ドル調達

チャットアプリ「テレグラム」がICOで8億5000万ドル調達

チャットアプリのテレグラムは、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)の第二ラウンドで8億5000万ドルを調達したと米証券取引委員会(SEC)に報告しました。

ICOで調達した資金は、仮想通貨で多くのユーザーに使用されているテレグラムのアプリと、独自のブロックチェーンプラットフォームであるテレグラム・オープン・プラットフォームの開発に充てる計画です。SECへの報告では投資家の詳細は開示されていないが、14日に開始したICOには94社もの企業が参加しました。

仮想通貨のICO規制が厳しくなる中での、今回の募集は、証券取引委員会規則の規定に基づいており、特定の条件が満たされている限り「企業は広範に募集し、一般に売り出しを広告し、引き続き免除要件に準拠しているものとみなすことができる」。

テレグラムICOの第一ラウンドは1/29から2/13の間に行われ、わずか81名の投資家から8億5000万ドルを集めている。第一ラウンドに参加した投資家の1人は、ロシアの大富豪、ロマン・アブラモヴィッチ氏だった。関係筋によれば、アブラモヴィッチ氏は3億ドル投資したという現在のSECの規制は、1930年代に作られた規制がベースとなっている。

今後、全世界で仮想通貨のICOを安全に効果的に行っていくには、規制を一から見直す必要があり、世界共通でのルール作りが必要である。中国や韓国などはICOに対し厳しく規制をしており、国民の詐欺ICOから身を守っている。

しかし、今回のような信用ができるICOまでも購入できないとなると、法の改善が必要なのかもしれません。