イーサリアムを資本金に会社を設立!?

イーサリアムを資本金に会社を設立!?

仮想通貨関連のスマートコントラクト株式会社と、金融システム開発のシンプレクス株式会社が共同出資する新会社「株式会社スマートコントラクトシステムズ」がイーサリアムを資本金に組み込み、現物出資する会社の設立を発表しました。

イーサリアムによる出資額は9800万円相当であり、ここまでの規模で、イーサリアムを含む、仮想通貨の現物出資は極めて珍しいといいます。

会社を設立する際の出資は、現金や有価証券、不動産などで現物出資をする場合が多く、今回の仮想通貨での現物出資に関して、SCSの垣谷昌孝社長は「世界的に見てもあまり例がない」と話しています。また、仮想通貨の中でイーサリアムを使った理由として、「取引が活発であるほか、スケーラビリティやフレキシビリティにも優れている」と述べています。

イーサリアムのスマートコントラクトは、ブロックチェーン上に契約を記録することができ、仲介を使用するコストや手間を省くことが可能になります。これにより、実際に企業間取引への応用も進められており、様々な分野での活躍が期待されています。

さらに、このスマートコントラクトのシステムを、多種多様な企業が活用するために、イーサリアム連合会(EEA)という団体が存在します。このEEAはJPモルガンとサタンデールによって発足し、世界でも有名な日本の大手企業であるトヨタも参入し話題を呼びました。

スマートコントラクトの実装は、企業や個人の取引を効率し、今後、様々な分野にて活用ができるため仮想通貨市場の発展に伴い、注目がより一層集まりそうです。