米仮想通貨取引所大手コインベースがERC20に対応のアルトコインを追加!?

米仮想通貨取引所大手コインベースがERC20に対応のアルトコインを追加!?

米仮想通貨取引所大手コインベースは26日、ブログ投稿の中で、ERC20トークン(イーサリアムベースのトークン)をコインベース取引所で取り扱う意向(上場)を発表した。

ERC20とは、イーサリアムブロックチェーン上でスマートコントラクトに使われる技術標準であり、既存の数千種類のアルトコイン資産に利用されています。

コインベースはこのブログ投稿の中で、このように発言しています。

我々は今後数ヶ月間、CoinbaseのEthereum ERC20技術標準をサポートする意向を発表したことを大変うれしく思います。これにより、現時点で特定の資産や機能のサポートは発表されていませんが、今後Coinbase製品全体でERC20資産をサポートする方法が確立されます。私たちは、新しい資産を追加するプロセスと一貫して、内部的にも公的にもこれを発表しています。

今回の上場の動きが出る数週間前に、イーサリアムウォレットと分散型アプリケーション(DApps)ブラウザ、ToshiにERC20トークンサポートを追加しており、ERC20トークンを全面的にバックアップする体制を見せています。

さらに今回の発表で、今後、追加する可能性の高いアルトコイン候補に関しては明らかにしないことも明確にしました。

SNS上では様々の憶測が飛び交い、ERC20トークンのアルトコインの予想がされていますが、上場されるアルトコインは分かっていません。

コインベースは2017年12月、アルトコインのビットコインキャッシュ(BCH)が上場する際、インサイダー取引の疑惑が浮上しました。また、インサイダー疑惑から1か月後、コインベースのブライアン・アームストロングCEOは、コインベースおよび姉妹取引所のGDAXは新しい仮想通貨の提供を模索しないと公言した。

最新発表では「コインベースはGDAXにリストされた後にのみ資産をリストします」と発表し、流動性や価格の安定性、その他のマーケット健全性などの要因を評価した後、GDAXに追加されたERC20資産をコインベースプラットフォームに追加することもできる」と述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)