ヤフーが仮想通貨交換業に参入!?

ヤフーが仮想通貨交換業に参入!?

ヤフーが子会社を通じて、4月に金融庁の登録業者である「ビットアルゴ取引所東京」の株式を40%取得すると日経が23日に報じました。来年4月以降に本格的に、仮想通貨取引所に参入する予定です。株式会社ビットアルゴ取引所東京は、2017年12月1日に金融庁より認可を受けた仮想通貨取引所の一つです。

日経の報道によると、ヤフーとビットアルゴの両社はすでに資本提携で合意し、金融庁にも通知をしています。

仮想通貨取引に必要なシステム整備などを行い、2019年春には追加出資を検討する予定です。また、今後の内容として、2019年の1月~3月にヤフーのグループ会社が追加で株式を購入し、4月ごろには仮想通貨交換業へ本格的に参入していきます。

現時点では、同社のサイトから取引サービスを行うことはできず、ホームページには「営業開始に向けて準備を進めております」と説明しています。

仮想通貨取引所を行うために、DMMや、フリマアプリで有名なメイペル、LINEなど大手企業が金融庁の登録を申請中です。

海外の取引所と金融庁の関係が厳しくなるなか、日本の大手企業の仮想通貨取引所の参入は、多種多様なサービスを受けるための第一歩になるかもしれません。また、既存の分野で成功を収めているため、信用性も十分に確保できるかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)