Twitter CEO 『10年以内にビットコインは世界共通通貨になる』と発言

Twitter CEO 『10年以内にビットコインは世界共通通貨になる』と発言

TwitterのCEO及び、決済サービスのSquare(スクエア)社の共同創業者であるJack Dorsey(ジャック・ドージー)氏が3月21日に、ビットコインが将来世界中、またはインターネットで世界共通通貨になると発言したことをタイムズが伝えました。

Dorsey氏は10年以上かかるが、それよりも早くなる可能性もあると発言しています。

「最終的には、世界で統一された単一の共通通貨が台頭し、同様にインターネット上でも単一の共通通貨が使用されるでしょう。そして、私は個人的にその通貨がビットコインになるのではないかと考えています。」

先日のニュースにて、FacebookとGoogleが、仮想通貨関連の広告の廃止し、Twitter もこの2社に続き、仮想通貨関連の広告を廃止するのではないかと噂が流れました。今回のこのDorsey氏の発言により、仮想通貨関連の広告禁止の可能性は低くなりました。

Dorsey氏は、2009年にアメリカで携帯決済会社Squareを共同創業し、アプリ「Cash(キャッシュ)」で携帯やタブレットのイヤフォンジャックに、白い四角のデバイスを差し込むだけでカード決済を可能にする画期的なサービス開発してきました。今後の決済業界の変革技術と呼んでおり、ビットコインに積極的な意見や発言をしています。

さらに、1月中旬にアプリ「Cash(キャッシュ)」は、アメリカで、ビットコインの売買を開始しており、自身の共同開発アプリ「Cash(キャッシュ)」にいい影響を与えるために発言したのではないかという憶測もあります。

Dorsey氏は、「現時点ではビットコインは有効な通貨、つまり取引の媒介となる能力を持っているとは考えていない」、「遅くてコストがかかるが、ますます多くの人がビットコインを保有していくにつれ、その問題はなくなるだろう。ブロックチェーンで構築された新しいテクノロジーがあり、より身近ものになる」と発言しています。

現在ビットコインは、急激な成長をしており、スケーラビリティ問題や、手数料のコストが問題となっています。Dorsey氏も現状のビットコインを「遅くて、コストがかかる」と認めています。

しかし、Dorsey氏は将来的にその評価は覆され、以下のようになると発言しています。

「多くの人がこの通貨を所有することで、そのような問題は無くなるでしょう。実際、ブロックチェーン外で機能する新しい技術も台頭してきており、(その通貨は)より使用しやすくなるでしょう。」

スケーラビリティ問題の解決策として、ライトニングネットワークという、オフチェーン上で取引内容をまとめてからブロックチェーン上に効率化されたトランザクションだけを送るシステムがあります。これにより、ビットコインの問題を改善する可能性があるとして注目されています。

そして、先週Dorsey氏は、ライトニングネットワークの開発を担うLightning Labs(ライトニングラボ)に$250万(約2億6000万円)を出資した投資家達の1人であり、今後のビットコインの実用性に力を入れています。

 

The following two tabs change content below.