取引所Montex(モンテックス)が遂にオープン

取引所Montex(モンテックス)が遂にオープン

「世界一投資家保護に資する仮想通貨取引所」を目指す取引所Montex(モンテックス)は15日、正式に取引所プラットフォームをローンチしたことを発表した。取引所が正式に開設したことに際して、Montex(モンテックス)は次のようにコメントしている。

「本日日本時間17時に無事Montex取引所がオープンしました。AirDropを受け取ってくださった皆様に感謝致します。」

取引所Montex(モンテックス)とは

証券会社が運営する取引所Montex(モンテックス)は、世界初の仮想通貨スタートアップ企業の「株式」が購入できる仮想通貨取引所であり、世界トップクラスのセキュリティレベルを備える取引所である。

現時点でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの仮想通貨が購入可能であり、オリジナルトークンである「MON」をトレードすることも可能となっているようだ。

取引所Montex(モンテックス)を手がけるMontex Project(モンテックスプロジェクト)は、取引所の他にもウォレットであるMontexWallet(モンテックスウォレット)をすでにリリースしており、イーサリアムネットワーク上の「ERC-20」「ERC-223」「ERC-721」の全てのトークンに対応している。

また今回リリースされたプラットフォームでは、悪意あるハッカーなどから資金を保護するため、「企業監視体制」と「独自の保険制度」を導入し、世界で最も投資家保護に注力した取引所を目指しています。

上場の際に「決算書の提出」「プロジェクト責任者との対面によるヒヤリング」「デポジットの入金義務付け」など、プロジェクトに対する厳格な審査を行い、上場後も四半期ごとにプロジェクト進行状況の報告等を義務付ける。審査委員会を設置し、投資家やユーザーに安全を提供できない場合は、上場廃止決定がなされる。

株式や仮想通貨、トークンを購入した際に、オリジナルトークン「MON」を使用し、一定の保険をかけることができる。保険を使用する投資家やユーザーは、当該仮想通貨が上場廃止などの事態が発生した場合、企業が差し入れたデポジットは保険をかけた投資家に分配され、被害を少しでも減らすシステムが導入されている。

MontexProject(モンテックスプロジェクト/MON)の詳細・特徴とは?|世界最高峰のセキュリティを提供する仮想通貨取引所

2019.02.09

仮想通貨ウォレット【Montex Wallet(モンテックスウォレット)】|「ERC20、ERC223、ERC721」全てに対応可能

2019.01.16

株を仮想通貨で購入できる世界初の「株と仮想通貨の売買取引所」

取引所Montex(モンテックス)では、世界初となる優良な企業の株を「仮想通貨」で購入することができる売買取引所であり、今回の取引所プラットフォームの株式上場第1号企業として、カンボジアのプノンペンに本社を置く「メコンエクスプレス社」が上場した。

メコンエクスプレス社は、創業17年のバス会社としてカンボジア国内をはじめとするベトナムやタイ、ミャンマーなどで、陸路で国境を移動するサービス展開し、世界中に多くのユーザーを抱えている。具体的には1日の利用者数は約1500名、ヨーロッパなど世界各国の旅行客に多く利用されているのだ。

またプラットフォームも充実しており、メコンエクスプレス社の予約アプリは100万ダウンロードを記録している。

実際の取取引所Montex(モンテックス)の上場審査委員会が現地へ行き、代表者面談はじめ、カンボジアからベトナムホーチミンの便に搭乗したPVの撮影を公開している。

メコンエクスプレス社の今後

今回発表されたメコンエクスプレス社は今後、調達した資金を基に路線拡大やバス増設、サービスエリアなどのインフラ整備、日々の利用者1500名を活かしてホテル事業などの資金に使うとしている。

  • 売り出し価格:1株16.17ユーロ
  • 購入:1株から(日本円で約2000円を予定)
  • 購入可能通貨;ETH or MON(モンテックスの独自通貨)

※ ETH:約0.13ETH、MON:約13MON
※ 以前に配布した200MONで約15株を購入する事が可能

また、購入した株を売却して売却代金をETHで受け取る事も可能であり、実質的にAirdrop(エアドロップ)されたMONをETHにして現金化することが可能となっている。

取引所Montex(モンテックス)の今後の予定

取引所Montex(モンテックス)は今後、独自通貨であるMONを利用できる場やサービスを広げ、以下の目標を全てを2019年までにリリースすることを予定しているようだ。

  1. 年内に株式上場企業30社達成
  2. スマホで売買出来るアプリを4月末リリース
  3. 仮想通貨バイナリーオプション開始
  4. Montex bankカードを作り、ATMで入出金
  5. 第三者割り当て増資プラットフォーム
  6. 仮想通貨クラウドファンデングサービス
  7. 仮想通貨先物取引

これらの今後の活動について取引所Montex(モンテックス)は次のようにコメントしている。

「MONの上場が気になる方もいらっしゃるとは思いますが、無理に上場させてマネーゲームで終わるのではなく、我々は実際に『利用されるMON』を目指しています。MON→株→ETHのスキームがある限り皆様の現金化は可能になります。長くなりましたが、兎にも角にも本日が我々Montexチームにとってだけでなく、応援してくださった皆様にとってもMontex取引所の誕生日です!ITの力で世界の金融サービスの中心になれるように尽力致しますので、今後共Montexプロジェクトを応援宜しくお願いします。」

Montexプロジェクトチーム一同

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。