米証券取引委員会(SEC)会長、ビットコインETFについてコメント

米証券取引委員会(SEC)会長、ビットコインETFについてコメント

14日、米証券取引委員会(SEC)会長Chairman Clayton氏は、海外メディア「FOX BUSINESS」の独占インタビューに答え、現在進行中であるビットコインETFについてコメントした。

Clayton氏は、ビットコインや暗号資産そのものにではなく、資産の操作の可能性ついて懸念を抱いていると語った。

現時点で私が心配しているのは、基礎となる取引が操作されていないこと、合理的に処理された信頼できる場所で取引されていること、それが証明できることが必要です。

過去に申請されたビットコインETFの多くはSECから却下されており、昨年12月VanEckのビットコインETF申請は決定を延期している。
そして2019年1月、CBOEがETF申請をし、VanEckは一度ETF上場申請を撤回し、1月31日に再申請を発表した。
現在審査が行われているビットコインETF申請に関しては多くの人から期待されている。

2つの申請は今後数ヶ月以内に決定が下されるが、Clayton氏は特定の申請についてはコメントを控えたが

ビットコインETFが我々の規則を満たすことが出来る場合があるかもしれない。
この技術はかなり重要な可能性を秘めていますし、すでに実証していると思います。
過去の資金調達に対する我々のアプローチと一致する場所では重要な可能性を示しています。

と述べ、わずかながら承認に希望を持てるサインを示した。

SECの委員長、「仮想通貨イーサリアムは証券に該当しない」という見解に同意か

2019.03.13

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。