国際銀行監視機関バーゼル銀行監督委員会「暗号資産は金融の安定に脅威をもたらす」と警告

国際銀行監視機関バーゼル銀行監督委員会「暗号資産は金融の安定に脅威をもたらす」と警告

G20諸国を中心に、中央銀行および金融監督を担う行政当局代表で構成されている国際的な銀行監視機関「バーゼル銀行監督委員会(BCBS)」は13日、ニュースレターの「暗号資産に関する声明」でビットコインのような暗号資産の成長が銀行および世界的な金融の安定性に脅威をもたらすと警告した。

暗号資産は「暗号通貨」と呼ばれることもありますが、委員会はそのような資産は標準的な貨幣機能を確実に提供するものではなく、交換の手段または価値の貯蔵として信頼するのは危険であると考えています。暗号資産は法定通貨ではなく、政府や公的機関による支援を受けていません。

BCBSは暗号資産の高いボラティリティを懸念しており、標準化の欠如と絶え間ない進化を考えると「未成熟な資産クラス」と見なしているという。
さらに流動性リスクや銀行に対する多くのリスクを提示した。

  • 流動性リスク
  • 信用リスク
  • 市場リスク
  • オペレーショナルリスク
  • マネーロンダリングおよびテロ資金調達リスク
  • 法的リスクおよび評判リスク

このニュースレターは世界中の銀行および金融機関が積極的な暗号資産の採用に向かっていることを示唆しており、最近でもJPモルガン・チェースがJPMコインを立ち上げている。
Fidelity、ゴールドマン・サックス、Bank of Newyork Mellon Corpなど、ウォール街の大手企業も暗号資産やブロックチェーン技術に注目している。

BCBSは今後の課題を以下のように述べている。

当委員会は暗号資産に対する銀行の直接的および間接的なエクスポージャーを含む暗号資産の動向を引き続き監視している。暗号資産の高度なリスクを適切に反映するために、今後そのようなエクスポージャーの慎重な取扱を明確にします。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。