リップル「Xpring」とブロックチェーンゲームプラットフォーム「Forte」が共同で1億ドルの基金を設立

リップル「Xpring」とブロックチェーンゲームプラットフォーム「Forte」が共同で1億ドルの基金を設立

12日、リップル社の開発者向けサポートプロジェクト「Xpring」と、ブロックチェーンゲームプラットフォームを提供するスタートアップ企業「Forte」が提携し、ブロックチェーンゲームの開発者を対象とした1億ドルの基金を設立したことが発表された。
ブロックチェーンを使用した、新たなゲームデザインの開拓サポート、業績の向上を目的としている。

この提携に対し、Xpringのシニア・バイス・プレジデントであるEthan Beard氏は以下のように述べた。

私達はゲーム業界のベテランでありワールドクラスのチームと提携することに興奮しています。Forteとリップルは、ブロックチェーン技術がゲームに大きな影響を与えると考えており、チェーンに囚われない使いやすいツールを提供するという共通理念を持っています。
また、相互運用可能なツールの提供は、大規模な消費者の採用を促進するために必要なステップです。

Forteは、KabamやUnity、GarageGamesなど業界をリードするゲーム会社出身の人材で構成されており、Andreessen Horowitz社やCanaan partners、CoinbaseVenturesなど大手企業に支援されている。

今回のファンドは、Rippleと共同で設計されたForteのプラットフォームと並行して運用される。
Forteプラットフォームには、RippleのXRPトークンを使用したオープンソースのInterledger Protocolとクロスチェーントランザクションを容易にするコンテナベースのホスティングソリューションCodiusが採用されている。

ブロックチェーン技術はゲーム業界に着実に浸透をはじめており、「ブロックチェーン会社×ゲーム会社」の提携などのニュースが次々に舞い込んできている。
ブロックチェーンゲームの覇権を取るのはどこになるのか注目だ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。