イーサリアムのヴィタリク氏が、ETHウォレットからの取引に少額の手数料を請求することを提案

イーサリアムのヴィタリク氏が、ETHウォレットからの取引に少額の手数料を請求することを提案

Ethereum(イーサリアム)の共同設立者Vitalik Buterin(ヴィタリク・ブテリン)氏は8日、自身のTwitterでウォレット開発者への資金援助を目的としてEthereumウォレットでの取引に少額のガス代(手数料)を請求することを提案した。

彼は、Ethereumウォレットでの取引において一回限り「1gewi/gas」の支払いを提案しており、少額の手数料で年間合計およそ200万ドルに達する可能性があるという。
ヴィタリクは以下のように述べている。

私はサポートしてくれているコミュニティに、クライアント/ウォレット開発者に感謝のため1gewi/gas料金を請求することを提案したい。
我々は手数料を避けることはないし、手数料支払いを容易にするためにサポートプロトコルを変更します。

彼はこの提案をEthereumエコシステムにおいて義務ではなく標準としたいと述べた。

これに対しユーザーの反応は、当初は混乱していたがすぐに様々な意見で溢れた。

・以前は無料だったものにお金を払うつもりはない。

・特定の目的のために料金を徴収することは、世界中の政府に料金を通し暗号通貨取引に対する税金を徴収する機会を与える。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。