米国最大手投資銀行JPモルガンが、アメリカ初の仮想通貨「JPMコイン」を発表

米国最大手投資銀行JPモルガンが、アメリカ初の仮想通貨「JPMコイン」を発表

14日、米国最大手の投資銀行JPモルガン・チェイスは、決済業務変革のためアメリカ初となる仮想通貨「JPMコイン」の開発を発表した。JPMコインは米ドルに価値を裏付けされた「ステーブルコイン」となり、1.00米ドルに相当する。

JPモルガンの発表によると、「現在はプロトタイプ」であることを明確にしており、今月JPMコインのテストに成功したと述べている。
JPMコインはブロックチェーン技術に基づいていて、機関口座間の支払い即時転送を可能にする。
現段階では個人利用可能にするような計画はないが、コスト削減と効率性のメリットは機関投資家のエンドユーザーにも及ぶと公表している。

JPモルガンのデジタル資金サービス・ブロックチェーン担当責任者であるウマル・ファルーク氏は以下のように述べた。

顧客口座とJPモルガンの口座の間で、新たな技術を使った資金移動の実験に成功した。
顧客のカウンターパーティーリスクと決済リスク、資本要件を低下させ、迅速な資金移動を可能にするという点で、ブロックチェーン利用におけるJPMコインのメリットは大きい。
JPMコインは将来的にユーロのような他の主要通貨のように拡張されるだろう。

JPMコインは他の仮想通貨と違い、企業間の資金移動のために設計されており、プロトタイプ段階では他の仮想通貨との交換はできない。

JPモルガンCEOであるジェイミー・ダイモンは過去に「ビットコインは詐欺」であると発言しており、仮想通貨に対しては否定的な見解を示してきた。
しかしここにきて、JPモルガンの仮想通貨に対する立場として「適切に管理・規制されている限り、仮想通貨を支持する」という姿勢をとっている。

今後も引き続き、大手銀行の仮想通貨に対する動向には注目したい。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。