米証券取引委員会(SEC)は、ブロックチェーン技術に前向きな考えを示す

米証券取引委員会(SEC)は、ブロックチェーン技術に前向きな考えを示す

米国投資家および世界中の仮想通貨に関するユーザーはビットコインETFの承認を期待するなか、金融規制当局である米証券取引委員会(SEC)は市場の透明性を高めることを考えているようだ。

SECは1月31日、「Blockchain data」と題した記事を発表。この発表内容としてSECは金融市場においてブロックチェーンを活用した分析ツールおよびリスクに対する監視を目的としたブロックチェーンの活用方法を模索しているようだ。

今回のブロックチェーン技術に関する記事の内容は次のようになっている。

「米国証券取引委員会(SEC)は、リスクの監視、コンプライアンスの向上を支援するためのブロックチェーンデータを提供するための中小企業の可用性および技術的能力を判断するための市場調査を行う手段としてこの情報を求めています。 」

仮想通貨とSECの関係性

現時点での仮想通貨とSECの関係性には「ビットコインETF」が大きなキーワードとなっている。もちろん仮想通貨に携わるユーザーはビットコインETFの承認へ興味を示しており、仮想通貨市場への資金流入に期待が寄せられている。

SECは今回の記事の中で、仮想通貨とブロックチェーンの関係性について「SECは入手可能な情報や取引詳細など、ブロックチェーンでのデータ取得するという目標をサポートするために、潜在的な情報源に関する情報を求めています。」と言及した。

この発言には製剤的に把握できない情報をブロックチェーン技術を使用して入手し、仮想通貨市場および金融市場の透明性を高めることが考えられる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。