仮想通貨取引所GMOコイン、アルトコイン4銘柄を追加

GMOコイン取引所、アルトコイン4銘柄を追加

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所GMOコインは1月30日、取引所GMOコイン(現物取引・レバレッジ取引)にアルトコイン4銘柄を追加したと発表した

  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

5銘柄の取扱い揃う。更なる追加も視野か?

GMOコインは国内最大級の仮想通貨取引所・販売所のひとつで、2016年10月に設立された後、徐々に取扱い銘柄を増やしてきた。

直近では、ビットコインのみを取引所(現物取引・レバレッジ取引)及び販売所で取扱い、他の4銘柄は販売所でのみの取扱いとなっていたが、今回の追加によって全5銘柄の取扱いが一律に揃った形だ。

また、GMOコインは1月30日から2月13日までの期間で「お客様アンケート」を実施しており、その中で「GMOコインで取り扱って欲しい通貨」を問う設問を設定していることから、更なる銘柄追加も視野に入っているものと思われる。

GMOコインお客様アンケートの設問(抜粋)

GMOコインで取り扱って欲しい通貨を教えて下さい。

  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • 特になし
  • その他(自由記述)

自由記述欄も用意されてはいるものの、リスク・モナコイン・ネム・イーサリアムクラシックが具体的な選択肢として示されており、次なる追加銘柄の有力候補と言えそうだ。

尚、同アンケートはGMOコインのユーザーのみが回答可能で、回答するともれなく100円をもらえるという。

ABOUTこの記事をかいた人

Bonito

仮想通貨投機の熱気に陰りが見え始めた2017年の暮れ頃から仮想通貨に関わり始め、投機よりも実用面に高い関心を持つ。国産仮想通貨プロジェクトやWebサービスの運営に携わりつつ現在に至る。