仮想通貨は現在の価格水準を乗り切ることが出来るのか

ビットコイン価格は12月20日から1月9日まで4000ドル付近で取引されていたが、その後3600ドル付近まで下落し現在も同価格帯で動いている。

Nasdaq(ナスダック)のニュースサイトでは、現在の価格水準では今後の様々な取り組みが達成出来ないとされている。
ビットコインに限らず、XRPやETHも同様に下落している点が最大の懸念点であり、仮想通貨市場の崩壊の到来だという。

多くのマーケットウォッチャーによる記事では「仮想通貨が5000ドルを下回るとどうなる?」「ビットコインは4000ドルで抵抗を破っても持続可能か?」「ビットコインは3000ドル台を突破するのか?」など価格帯が変わるたびに分析が成されている。

CNBCのアナリストの見解によると、3000ドルが危険水準だと見なされており、ビットコインのバブルはすでに破綻しているという。
今の仮想通貨市場のパニックは、これまでにバブル市場を経験したことのない若いトレーダーによるものだと指摘している。
CNBCアナリストは以下のように述べている。

あなたが20代であるならば、市場バブルを見たことがありません。
住宅バブルの間は、あなたはティーンエイジャーでした。ドットコムバブルの間は、あなたはティーンエイジャーでもありませんでした。
さてベイビー、これはバブルです!そして今、それは不透明になっています。
私はみなさんが、ビットコインで多くのお金を失うのではなく、レッスンとして学ぶことが出来ることを願っています。
レッスンにしては少々痛いですが、まだ底には達していません。

悲観的な見方が多いものの、すべての人がそうではなくBitcoinBroの創設者Oliver von Landsberg-Sadie氏は、規制圧力の高まりに関連する一時的な問題として価格下落を説明している。

規制環境はこの是正に寄与する数少ない要因の一つであると私は思います。
これは非常に健全な是正と見なし、それは市場が成長している兆候です。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。