51%攻撃によって盗まれたETCの一部が攻撃者から返還される

12日、仮想通貨取引所Gate.ioは公式サイト内でイーサリアムクラシック(ETC)に対して行われた51%攻撃の「攻撃者」から、およそ10万ドル相当のETCが返還されたことを発表した。

ETCに対しての51%攻撃は、今年8日にアメリカ大手仮想通貨取引所Coinbaseの報告で明らかになり、これらを懸念し国内外の仮想通貨取引所が一時入出金停止措置を取るなどの事象が相次いだ。

Gate.ioの報告では以下のように記載されている。

現段階で攻撃者からの連絡は確認できていない。
攻撃及び返還の目的は定かではないが、攻撃者の目的が盗難ではない場合、ブロックチェーンコンセンサスの脆弱性やセキュリティの問題点を指摘するための行為で、ホワイトハッカーの可能性もある。

現在イーサリアムクラシックのネットワークは問題点が多く、再度51%攻撃を受けてしまう可能性があるため、Gate.ioではブロック数を4000まで引き上げるなどの対策を講じている。

Gate.ioは、被害者に対して全額保証を行うことを発表していたが、51%攻撃者による一部返還により、完全に弄ばれてしまった形となった。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。