NASAが航空交通管理にブロックチェーンの導入を検討

NASAが航空交通管理にブロックチェーンの導入を検討

10日に発表された公式文書で、アメリカ航空宇宙局(NASA)が航空交通管理にブロックチェーン技術の導入を検討していることが明らかになった。

文書で提案されたシステムは、セキュリティ及び秘匿性を高めるため、オープンソースブロックチェーンが検討されている。
システムの試作ではLinuxのオープンソースブロックチェーンプロジェクト「Hyper ledger Fabric」が採用される予定だ。

現在使用されている位置情報システム「ADS-B」は、航空機が位置情報を発信した際、第三者による「なりすまし」による危険性が問題視されている。

今回のブロックチェーン技術の導入は、そのような問題の対策案としている。

ADS-Bセキュリティ問題を緩和するために、航空機プライバシーと匿名を可能にするオープンソースのブロックチェーンフレームワークを使用する。

世界でも最先端の技術力を誇るNASAがブロックチェーン技術の活用を検討しているということから、確実にブロックチェーン技術の採用は前進していることがわかる。

ブロックチェーン技術は様々な分野で応用可能な技術であり、今後も確実に大手企業の参入が増えてくるだろうことが予想される。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。