国内初の仮想通貨レバレッジ取引所ビットバンクトレード|2019年3月31日にサービス終了!

【速報】国内初の仮想通貨レバレッジ取引所ビットバンクトレード|2019年3月31日にサービス終了!

2019年に突入した仮想通貨市場では良いファンダメンタルが報告されるなか、仮想通貨市場から撤退するプロジェクトも多い。

国内初のレバレッジ取引をことができる仮想通貨取引所Bitbank Trade(ビットバンクトレード)は10日、同プラットフォームビットバンクトレードを「2019年3月31日」をもってサービスを終了することを発表した


ビットバンクトレードは2015年夏ごろから仮想通貨取引所サービスをスタートし、取引所OKCoinとの間を取り次ぐことにより、世界トップクラスの取引流動性の提供およびレバレッジ取引では最大20倍を可能にした取引所である。

国内初のビットコイン先物証拠金取引(BTCFX)ができる取引所として、世界中の投資家やユーザーから利用されてきた。

ビットバンクトレードは今回発表した公式発表にて、サービス終了の理由を次のように発表している。

「国内初の仮想通貨レバレッジ取引所であったbitbank Tradeは、リリース以降数多くのお客様にご利用頂いておりましたが、現在では国内にも幾多の取引所が存在していること、また、弊社別サービスbitbank.ccが国内1位、世界8位の売買代金を誇る様になったこと(※)等から、bitbank Tradeの流動性への寄与度合いが低減し、その役目を終えたと判断した為、サービスを終了させることといたしました。」

今回の発表に関してビットバンクトレードは、顧客の資産について「ビットバンクトレードにビットコイン(BTC)を保有しているお客様は、弊社別サービスである「bitbank.cc」へ自動でデータを移行します。BTCをbitbank.ccへ移行することを希望しないお客様は、2019年3月31日までに出金していただきますようお願いします。」と説明している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。