コインベースが6つのヨーロッパ地域で新たにサービス利用可能になる事を発表|これまでの発表まとめ

コインベースが6つのヨーロッパ地域で新たにサービス利用可能になる事を発表

12月10日〜21日の間で行われている、米国の仮想通貨取引所コインベースの「12Days of Coinbase(12日間のコインベース)」の11日目の発表で、同社プラットフォームをヨーロッパの6つの地域に新たに展開する方針を発表した。

コインベースのプラットフォームは次の地域で利用可能となる。

  • アンドラ
  • ジブラルタル
  • ガーンジー
  • アイスランド
  • マン島
  • リトアニア

上記地域のユーザーはCoinbase.comとiOS及びAndroidアプリを利用出来るようになり、プラットフォーム上での仮想通貨取引が可能となる。
今後、CoinbaseProとPrimeの提供も予定している。

発表でコインベースは以下のように述べている。

仮想通貨は、その性質上グローバルであり、国境なしに存在するべきです。
私たちの使命を実現することは、地理的な場所に関係なく、誰でも簡単に利用できるようにすることを意味しているのです。

コインベースの12日間のプログラムは本日、22日に終了する予定だ。

これまでに発表されたプログラム

1日目「WeGift電子カード」

ユーザーは仮想通貨をUber、Nike、GAPなどの電子ギフトカードに交換することが可能となる。

2日目「ベネズエラの家族へのZCash寄付」

GiveCryptoを利用し、ベネズエラの経済的に恵まれない100以上の家族のため、ZCashで1万ドルの寄付を行った。

3日目「”金融とお金の未来”の動画公開」

経済的自由と民主化の手段としての仮想通貨のビジョンを説明する動画を公開。

4日目「ウォッチリストの機能追加」

新たにウォッチリスト機能を追加。これによりユーザーはスターアイコンをクリックするだけで関心の高い通貨をウォッチリストへ追加することが可能となった。

5日目「PayPal引き出しの有効化」

コインベースのメジャーアナウンスにて、アメリカのユーザーはコインベースウォレットから直接PayPalアカウントに現金を引き出すことが可能となった。

米国取引所コインベース、無料でPayPal(ペイパル)へのドル出金できるサービス開始

2018.12.16

6日目「シリア難民へビットコインの寄付」

ギリシャに済む150人以上のシリア難民へ、GiveCryptoを利用しビットコイン1万ドルを寄付。

7日目「USDCについて」

コインベースが発行するステーブルコイン「USDC」についての解説。

8日目「仮想通貨交換の新機能Convestを導入」

仮想通貨交換をこれまでより素早く、低価格にする新取引機能「Convest」を新たに導入。

取引所Coinbase(コインベース)|異なる仮想通貨を変換できるサービス「Convest」を発表

2018.12.18

9日目「CoinbaseProで新たに4つのERC20トークンをリスティング」

CoinbaseProは特定管轄区域でGolem、Maker、Dai、Zilliqaのサポート追加を発表。

10日目「仮想通貨を学びながら取得出来るCoinbase Earnをローンチ」

短い動画やクイズなどの教育タスクを完了し、少量の仮想通貨を稼ぐことが出来る「CoinbaseEarn」が開始。

11日目「コインベースが6つのヨーロッパ地域でも利用可能に」

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。