フェイスブック社|WhatsAppを使用して、米ドルの裏付けられた送金用の仮想通貨を検討中

フェイスブック社|WhatsAppを使用して、米ドルの裏付けられた送金用の仮想通貨を検討中

ブルームバーグの報道によると、Facebookはメッセージアプリ「WhatsApp」のプラットフォームを使用した仮想通貨の送金を導入しようとしているようだ。この仮想通貨の導入については、同社に精通している人物からの情報であるようだ。

同社に精通している人物は今回の、WhatsAppで導入されると噂されている仮想通貨は、ボラティリティを最小限に抑えるため、米ドルに裏付けられたステーブルコインの一種としてコインの開発を進めているようである。

また、、ステーブルコインの運用する上で必要である米ドルの資金補完計画や資金確保などの戦略に取り組んでいるため、コインを一般にリリースのはまだ先になるという。

Facebook社からの公式発表はないが、同社広報担当は次のようにブロックチェーンとの共存について述べている。

「他の多くの企業と同様に、Facebookはブロックチェーン技術の力を活用する方法を模索している」「この新しい小さなチームは、多くの異なるアプリケーションを検討しています。これ以上共有するものはありません」

メッセージアプリ「WhatsApp」

Facebook社のメッセージアプリ「WhatsApp」は世界中のユーザーから親しまれ、多くのユーザーを抱えている。

近年、急激な人口増加を迎えているインドのWhatsApp使用ユーザー数は2億人以上とされている。インドは2017年に送金で世界的リードをとっており、690億円の送金サービスの規模を確立しているのだ。

また、世界中のユーザーが使用してるSNSにおいてもFacebookの使用ユーザーは世界でトップのユーザー数を誇っている。

「WhatsApp」を使用したアイディアは普及するのか?

Facebookが開発段階であるとされている、WhatsAppプラットフォーム内でのステーブルコイン型の仮想通貨は、仮想通貨市場で現実的に実行するのが難しいと証明されている。

最近ではベンチャキャピタルや投資家などから約133万ドルの資金調達をした、無担保型のステーブルコインのプロジェクトが終了した。しかし、Facebookが実際に導入しようとしているステーブルコインの役割とは少し違う形であるが、米ドルの資金を安定させステーブルコインを運用するのは難しいと考えられる。

Facebook社がかける25億人のユーザーと、それに伴う資金によってステーブルコインが誕生する日も遠くないのかもしれない。

ステーブルコインの仮想通貨プロジェクト「Basis(ベーシス)」がプロジェクト終了を発表

2018.12.14

フェイスブック社が、ブロックチェーンエンジニアの募集をスタート

2018.12.11

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。