「仮想通貨取引所は“バイナンス”と“ビットフィネックス” 以外は取引量データを改ざんしている」としたレポートが発表

ブロックチェーンや仮想通貨に関するデータ研究者などを行い、仮想通貨市場の透明性や信頼性を追求することを掲げているBlockchain Transparency Institute(BTI)は14日、2018年12月の世界各国の仮想通貨取引所の取引ボリュームに関するレポートを発表した。


このレポートでは独自のアルゴリズムを使用し、世界各国で仮想通貨の取引を提供する仮想通貨取引所の12月分の実際の取引ボリュームを調査している。

そして、この調査報告で明らかとなったのは、25の仮想通貨取引所のうち「Binance(バイナンス)」と「Bitfinex(ビットフィネックス )」2つの仮想通貨取引所しか、正確な取引量を報告していないということが判明した。

調査報告書の内容

12月の報告書では、ウォッシュ取引(水増し取引)の証拠を明確に示している取引所の特定、および取引ペアについてより深く掘り下げて取り上げました。これは常に私たちの目標でしたが、このデータができるだけ正確であることを確認したかったので、過去3か月間にこれらのアルゴリズムを更新して完成させています。

この間、私たちは数え切れないほどの時間を費やして注文書(トレードの注文履歴)を見たり、ボリュームデータポイントを分析したり、マーケットメーカー、高頻度トレーダー、および取引監視コンサルタントと話しました。私たちは膨大な量のデータを収集し、これらの数字を公開することに自信を持っています。中略…

このレポートには、CMCトップ25のBTC取引ペアの真のボリュームが計算されています。これらのペアの大半は、CMC上の報告されたボリュームの1%未満です。私たちは、上位25組のうち2組(BinanceとBitfinex)だけが性格な報告をしており、それ以外では大量に取引しないように注意しました。

ユーザーや投資家に向けた注意喚起

これらの調査を基にBTIは次のように詳細を説明した。

取引所ボリュームや仮想通貨の時価総額を掲載しているCoinmarket Capのトップ25のビットコインでの取引ペアは、今回報告された取引量の1%未満であった。

OKExに上場している上位30のトークンはウォッシュ取引しており、取引所はCoinmarket Capの紹介トラフィックから最大の恩恵を受けている。Huobiもトップ25のペアを取引していますが、OKExよりも低い。HitBTCは、そのトップ25ペアをウォッシュ取引している。

そしてBithumbは、Monero(モネロ)、Dash(ダッシュ)、Bitcoin Gold(ビットキンゴールド)、ZCash(ギーキャッシュ)を取引し、 月の取引量に応じてトークンで変化を加えていた。

プロジェクトを行うトークンへの注意喚起

そして最後に、仮想通貨で多くの資金を調達し、取引所へ上場させることを考えているプロジェクトに対して次のように注意喚起を行った。

このデータに基づいて、CMCトップ25のBTCペアの80%以上のボリュームが洗浄取引されています。これらの取引は、これらの戦略をビジネスモデルとして引き続き使用して、目を見張るトークンプロジェクトから資金を盗み出します。

上場手数料は大きなビジネスであり、平均的なプロジェクト支出は$ 50,000以上で上場できる。BTIチームは、ウォッシュ取引があり、上場手数料の恩恵を受けると考えている取引所の諮問リストを作成した。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。