RippleがUAEエクスチェンジと提携しアジアへの送金を目的としたブロックチェーン決済を開始予定

Rippleは、アラブ首長国連邦に拠点を置く「UAE Exchange」と提携し、アジアへの送金を目的としたブロックチェーン決済システムの導入を開始する予定だ。
このブロックチェーン決済システムは、Rippleのブロックチェーンネットワークに基づいており、2019年第1四半期に開始される。

昨年アジアへ送金された金額はおよそ6130億ドルにも及び、世界最大の受け取り国の一つでもあり、大半は中東で働くアジア在住外国人からのものである。

UAE Exchangeは外国為替を取り扱う「Finablr」の傘下企業であり、UAE Exchange及びFinadlrとRippleはブロックチェーンベースのサービスで早期の市場獲得を目指している。

FinablrのCEOである、Promath Monghat氏は以下のように述べた。

ブロックチェーンは業界に大きな期待を持っているが、完全な主流となる前に進展が必要とされる。
私たちは2019年第1四半期にRipple、そしてアジアの銀行と共に協力していけることを期待している。
これは、世界各国からアジアへの送金を目的としたもので、来年早々に利用可能となる。

続けてマンハット氏は以下のように語った。

ブロックチェーンは私たちが見ている一面に過ぎない。銀行やテクノロジー企業の選択肢となれる可能性のあるものを常に探している。
UAE Exchangeが2020年までに世界送金産業のシェアを10%以上に高めることを目指している。

 

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。