EOSブロックチェーンを使用した、本格RPGのdAppsゲーム「BLUEDAWN」の予告編がリリース

仮想通貨イーサリアム(ETH)の続く、 dApps(分散型アプリケーション)を構築する仮想通貨イオス (EOS)から新たな仮想通貨アプリが誕生した。

EOSブロックチェーンを基盤とする仮想通貨プロジェクト「ITAM Network」は、最新ゲームとして「BLUEDAWN」と呼ばれるモバイルロールプレイング(RPG)のアプリゲームの予告編をリリースした。

本ゲームの詳しいリリース日までは明らかとなっていないが、動画内の最終画面には「2019年夏頃」のリリースを示唆している。


今回リリースされるゲームについて同プロジェクトはツイッターにて「今までのブロックチェーンゲームを忘れてください。ストーリーベースのモバイルRPGであるBLUEDAWNを紹介します。ITAM Networkでブロックチェーンゲームの未来を見てみてください。」と発言された。

BLUEDAWNとはどのようなゲームなのか?

動画の予告編で明らかとなったのは、神秘的なリナルの大陸にストーリーを設定し、ファイナルファンタジースタイルの弦を体験することができる。メインストーリーとして四人の英雄がそれぞれの武器やスキル、魔法などを駆使して銀次的戦略でカラン敵国を制服する旅に挑む。

「BLUEDAWN」は基本的にプレイヤーが独自のデジタルコインを資産として保有することができ、このデジタルコインは交換ができない仕組みとなっている。ですが、デジタルコインは他のブロックチェーンゲーム同様に、資産として内部経済を促進する役割を持つという。

ロードマップでは、2018年の年末までにベータ版のリリースを予定し、2019年第三四半期までにはオープンベータ版をリリース後、公式リリースが行われる予定である。

EOSネットワークは、2018年のICO(イニシャルコインオファリング)や、独自のブロックチェーンへとローンチしてから急激な成長をし、今回リリー予定のdAppsゲームのリリースにも大きな注目が集まっている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。