スイス証券取引所が世界初となる仮想通貨ETPを導入|今週にもスタート予定

スイス主要証券取引所である、SIX Swiss Exchange(シックス・スイス・エクスチェンジ)は、世界初となる仮想通貨ETP(Exchange traded product)を今週にも開始する予定だ。

ETPとは

ETPとは「上場投資商品」の略称で、証券取引所で取引される様々な金融商品のことである。
ETPの価格変動は、株式、コモディティ、金利、通貨など他の金融商品に連動するが、資産の所有権を得ることは出来ないとされている。
ETPには、ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、ETC(上場投資コモディティ)の3種類がある。

今回SIX Swiss Exchangeに上場する仮想通貨ETPは、スイス新興企業「Amun」が提供する、ビットコインを加えた5種類の主要仮想通貨で構成された「Amun Crypto basket Index(HODL5)」である。HODL5に含まれる通貨と比率については以下の通りである。

  • BTC(48.69%)
  • ETH(17.6%)
  • XRP(25.72%)
  • BCH(5.11%)
  • LTC(2.88%)

※AMUN公式サイトより

AMUNの共同創設者兼CEOのハニー・ラシュワン氏は以下のように述べている。

AMUN ETPは、証券に投資するだけに制限されている機関投資家や、デジタル資産の暗号化を嫌う機関投資家に対してのものです。
また地域の規制上の障壁によって仮想通貨取引所にアクセスできない個人投資家にもアクセスしてもらえるようになるだろう。

現在、仮想通貨市場は低迷を続けており、これまで発表された好ニュースにもほとんど反応を見せなかった。
多くの投資家はSECの仮想通貨ETFに関する決定を待っている状況だが、今回の仮想通貨ETPは市場転換のシグナルとなる可能性があるかもしれない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。