Augur(オーガー)について

Augur(オーガー)の概要

Augur(オーガー)は2016年に公開された仮想通貨です。Augurは「予測する」「占う」といった意味を持つ言葉であることから未来予測市場のためのプルトコルです。具体的にはAugurのプラットフォームに参加して未来を予測します。通貨名で(REP)です。

未来予測市場について

未来予測市場は言ってしまえばギャンブルです。海外のブックメーカーをイメージしたらわかりやすいです。ブックメーカーはスポーツや社会イベントに関しての予測をギャンブル化してます。Augurはこうした未来予測市場を管理者のいない分散型で実現している。

Augur(オーガー)の特徴

Augurは管理者のいない未来予測市場を実現します。ギャンブル用語で言えば胴元です。基本的にこうした予測市場は胴元が儲かるカラクリになっていますがAugurの場合は胴元がいない仕組みになっており、オッズや結果や配当をすべて自動で実行しています。この仕組みが評価され、最近登場したのも関わらずトップ10に入る時価総額を誇っています。

Augurでできること

Augurは胴元がいないので賭けの対象を作り出すのも参加者になります。誰でも賭けの対象を作ることができ、参加できるのが特徴です。イーサリアムのスマートコントラクトを使ってこの仕組みを実現しています。

Augur(オーガー)の扱う取引所

現状、日本で扱っている取引所ではcoincheckです。

Augur(オーガー)の今後

ギャンブルというジャンルに関しては市場規模がすごいものがありますで可能性は感じます。保険ビジネスも仕組みが似ていることから発展も期待できそうです。