FCoinJP近況報告:11月9日午前中、ユーザー押し目買いによるFJ価格急上昇

日本仮想通貨メディア、デジタルジャーナルの報道により、FCoinJPは6日の「スーパー配当」後、プラットフォームのトークンFJの価格が8日午前、一時的に1FJが0.004533USDTまで急落したが、その後上昇と下落を繰り返しながら、11月9日には1FJの価格が0.00576USDTまで上昇し、約14.47%以上伸びたのである。

9日、FCoinJPの公式サイトではFJ日次収益率変動の詳細を公開したが、FJの日次収益率は「=当日の1FJあたりの配当/当日のFJ平均単価」によって決められており、11月6日における日次収益率は2.43%、7日は3.95%、8日は3.88%、日次収益率は全体的に上昇している。

FCoinJPがリリースされた1日目において、FJの価格暴騰と暴落を演じたが、大口マイナーによる売り圧力が強かったため、FJの相場が急落した。一方、FCoinJpプラットフォームで自動売買を行うbotが存在しているわけだが、目的は次の日におけるFJの還元である。

例えば、ユーザーAがFT/BTCで取引を行い、当日総計1000BTCの取引量を出した場合、当該ユーザーが実質的に支払う手数料は0.1%(500BTC+500BTCに相応するFJ)、簡単に1BTCと計算すると、当該ユーザーがプラットフォームから得られる収益は「=取引マイニング(1BTCに相応のFJ)+ボーナス分配(保有したFJの比率)」となる。

従って、botが儲かる方法として、先ず第一に、プラットフォームは現在2000万FJのマイニングボーナスをユーザーに還元している。マイナーはこれを一つの収益源としているが、botは受け取ったFJをホールドせずに売りかけていた。そして、翌日から引き続きマイニングを行ったが、1日目には大口マイナー集団によってマイニングされた大量のFJを、翌日に集中的に売り出し、相場は売り圧力の高さによって突然暴落したのである。

これに対し、FCoinJpは迅速に対応し、先ず、悪意のある操作ができないように大口マイナーのアカウントに制限をかけたのである。

そして、大口マイナーの動きを制限するためのルールを作り、行き過ぎた行為を封じ込めたが、一部の大口マイナーが市場を支配する優位を占めることになり、コミュニティ全体の利益に損害を与えたとし、トレードボーナス計画について、11月2日にFCoinJPは二つのルールを追加した。

一つは、KYC認証完了したユーザーのみトレードマイニング計画に参加できるようにし、もう一つは「有効取引量」というルールを作り上げたのである。

現在、FJの毎日の取引量が比較的安定しており、全体的に緩やかに上昇している。現在の価格は0.005USDTであり、現在の1FJあたりの配当は0.006USDT。この勢いで上昇すると、将来的には配当価値が増々高くなると予想している。

FCoinJPのコミュニティリンク

FCoinJPプラットフォーム:https://www.fcoinjp.com/
FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese
FCoinJP公認Twitter:https://twitter.com/fcoin_jp

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。