11月6日、FCoinJPユーザーに史上最大規模の利益を配当!後日から配当を継続

日本仮想通貨メディア、デジタルジャーナルの報道によると、20181030日に日本で始動したFCoinJPは、116日(今日)にて、運営してから最初、かつ仮想通貨の史上で最大規模の「スーパー配当」を行ったと伝えている。

初回の配当日において、FCoinJPFJをホールドしているユーザーに、計1164BTCを配当しており、日本仮想通貨の史上、ユーザーに対して行われた最大規模の利益配当と言われ、2018年、日本仮想通貨業界を震撼させた一大事となった。

分は1BTCを超えており、なお、購入するにあたって、最低コストは100万円も満たない。

11月6日、たった一日におけるFJの収益の配当率は約70%、ただし、「スーパー配当」が過ぎても、翌日から毎日収益の配当が継続される。

現在、初の配当が行われてからFJの市場価格は下落したが、それに対する判断材料として、次の三点が挙げられる。

一つは、投機目的のマイナーたちが離れたことにより、一部の資金が流出したことである。ただし、価格が下落したことはつまり、新規ユーザーが容易に市場へ参入できることを意味しており、低価格は逆に人々の購買意欲を呼び起こし、再び購入へと動き出す。こう言えるのは、FJの配当メカニズムが後ろ盾として、FJの市場価格を維持させているからである。

二つ目は、通常の株式と同じ理屈で、利益配当の後は必然的に価格の調整が行われる。現在の市場価格から見ると、予測上3カ月足らずでポジションのコストを回収することが可能であり、また、多くのユーザーたちは依然としてFJに自信をもっている。

三つ目、仮に多くの人々がFJの配当メカニズムを認識し、それによって大量のユーザーが参入することになると、スーパー配当日の後暴落してしまう可能性は非常に低い。逆に、激しい価格変動を引き起こしながら、徐々に回帰することになる。従って、7日以降の価格変動を心配する必要がなく、何故なら、価格がやや下落したとて、その配当メカニズムによってまたすぐに元へ戻るからである。

大勢のユーザーたちは、FCoinJPは株式に似ていると言うが、毎日配当に参加できる点においては、確かにそう言えるかもしれない。しかし、FCoinJPは一つの膨大な実験とも言えるが、これは一種の生産関係に対する新たな試みでもある。従来の取引所とユーザーの対立関係を、FCoinJPはそれを統一させようとしている。

取引所などを含めた、いわゆるプラットフォームの核心的な資産とはなんだろうか?

その答えはユーザーである。

しかし、ユーザーは、従来のプラットフォームに多大な利益をもたらした一方、そのプラットフォームから得た利益は皆無に等しかった。それに対し、FCoinJPプラットフォームの最終的な所有者はユーザーであり、と同時に、最終的な収益者として配当に参加できわけである。

FCoinJPプラットフォーム:https://www.fcoinjp.com/
FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese
FCoinJP公認Twitter:https://twitter.com/fcoin_jp

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。