FcoinJPが始動|133分で取引高は15億USDTを達成!

本日の0時よりFcoinJPが始動した。予想を遥かに超えた熱狂ぶりに、業界の新たな津波として波紋を引き起こしている。

初期において、FcoinJPは『三日間で15億ドルの取引高』という目標を掲げていたはずだが、それをわずか133分で達成した。そのわずか133分で3億のFJが生み出され、取引手数料が300万USDTに急上昇し、取引高は15億USDTに達したのである。これは、同日bitflyer取引高の約37.5倍にも及ぶ。

Fcoin JPの特徴について

『133分で取引高世界一』という冠を授かったFcoin取引所は、実は2018年6月、突如に誕生した業界における超新星である。

FCoinの創始者である張健氏は、有名取引所「Huobi」の元CTOであり、ブロックチェーン業界において最も早い伝道師の一人と言われている。「世界で最もブロックチェーンを理解している一人」としての証拠を、彼はそのわずか133分で証明しつくしたのかもしれない。

FcoinJPが始動後、熱狂的なブームを引き起こした背後には、その独特なビジネスモデルが下支えになって働きかけたと思われるが、FCoinJPの新たな「取引手数料マイニング」が最大のポイントである。

「取引手数料マイニング」というのは、ユーザーが取引中に発生した手数料を翌日にFCoinのToken(トークン)「FT」として100%キャッシュバックするため、結果的にユーザーの取引手数料は最終的にユーザーの元に戻ることになる。

また、FCoinは毎日、前日取引所の収益の80%をユーザーに返還しているわけだが、この二つの狂気じみた配当システムによって、一夜にして「億り人」へと変身したユーザーが数えきれないほど輩出されている。

 

一時期人々の耳から遠ざかっていた仮想通貨が、FcoinJPのブームと共に再びメディア各紙を再燃しているが、果たしてこの黎明の間際に登壇した超新星は、業界を新たな次元へと導くことができるのであろうか。

何事も否定することは簡単だが、ひとまず期待の念を込めて、再び波に乗って見るのも、悪くない選択肢かもしれない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。